2014年10月04日

最悪な銀行員だったわたしが、自信を取り戻した理由

あ〜なんで、嫌なことばっかりなんだろう。
どうして、うまくいかないんだろう。

そう思うと、自分の価値が減っていく気がしませんか?
わたしは、そうでした。

銀行員だったのに、事務仕事が超苦手で、手は遅いし、間違うし。
泣き泣き仕事をして、「こんなわたしのこと、周りは、どう思っているんだろう?だめな子だと思っているだろうな」と気にしていました。
そうなると、ますます力は出ず、ドジが連発し、と負の連鎖が始まってしまいます。

今ならわかりますが、わたしがだめというよりは、そもそもやりたい仕事ではない上に、工夫が足りませんでした。
苦手であることを受け入れたら、いろいろと、やりようはあるのです。

今、講師やカウンセラーをしているわたしは、自信を持って生きていますが、銀行員の頃のわたしと別ものではありません。
成長はしましたが、不得意なことは、そう変わってはいません。
システム化をはかって、苦手な事務仕事もそこそこできるようになったし、ゆっくりが得意だというところを生かした仕事についたことで、オドオドと暮らす必要がなくなったのです。

自分はだめなんじゃなくて、きっといい方法があるに違いない。
そう思いましょう。
どうしていいかわからなければ、きっと教えてくれる人がいるだろうと、思いましょう。

ただし、すべておまかせでは、何も変わりません。
ベストな方法で、できることを、積み重ねていきましょう。







  


Posted by いなまつゆか at 19:59Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ