2014年10月12日

成長できていないと、あせらないで

自分を育てようとがんばっている方は、目に見える成長の証が欲しいですよね。

こんなにがんばっているのに、なぜ結果が出ないんだろう。
せつないですね。

カウンセリングを学び出した頃は、わたしも、そういう気持ちとつねに戦っていました。
他の人ばかり、すごくみえて、なんだか情けない思い、みじめな気持ちに沈んでいました。

その頃のわたしに言いたいことは、
「あせらなくていいよ。小さな進歩を認めてあげて」ということです。

人の成長には、やり方、努力の方向性さえ間違っていなければ、 木の葉っぱのようにぐんぐん伸びる部分と、幹のように少しずつ少しずつ伸びる部分があります。

たとえば、スキル。
カウンセリングのスキルも、やり方が合っていれば、数訓練すれば、どんどん上達します。

しかし、スピリットの部分。
自分や相手をそのままで受け入れようとする態度とか、共感的理解をしようとする態度などは、コップに水滴をためるように、育てていかないといけないのです。

自信を育てるのも、幹のように育てていく必要があります。

では、全然育っていないのかというと、一年前の自分に比べたら、少し変わっているというところが見つかります。その少しの成長を、大いに認めてもらいたいのです。

幹がほんの1センチでも伸びるのは、すごいこと。いくら派手な葉っぱを見栄えよく育てても、幹が育たなければ、結局薄っぺらいものになってしまいます。

どうか、脈がないとあきらめないで、少しずつ自分を育ててあげて、認めてあげてください。




  


Posted by いなまつゆか at 19:56Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ