2008年04月30日

フードバンク

 朝テレビでフードバンクというものを紹介していました。

 企業や学校から、パッケージの破損や賞味期限が迫っているなどの理由からまったく安全なのに商品価値を失ったものをもらって、児童施設や貧しい人たちに配ったり、お弁当にして配ったりするボランティア団体に送るというものです。

 捨てるにはもったいないものがあり、そしてお金がなくて毎日の食べ物にも不自由している人たちがいる。

 それをつなぐ人たちがいるというのが、すばらしいです。

 企業も廃棄処理代がいらなくなり、せっかく大切に作ったものを無駄にしないですみます。

 今はやりのWIN-WINな、みんなが喜べる関係です。

 これからは、つながりが足りなくて、うまくいかなかったものをつなげていく時代ですね。  


Posted by いなまつゆか at 18:33Comments(0)コミュニケーション

2008年04月29日

軽く外ごはんのつもりが・・・

 今日は久しぶりに夫が休みだったので、ピースと一緒にのんびり休日を楽しむことにしました。

 お出かけとまではいかないけれど、外でおにぎりでも食べようかと大中遺跡に行きました。

 ここは弥生時代の遺跡があるところで、前に近くに住んでいたのです。

 今は県立考古博物館もできています。


 ついてみたら、今日は町の「健康福祉フェア」を開催していて、予想よりにぎやかです。

 つながってできている北公園まで足を伸ばしてみると、中の川で子どもたちのパンツ軍団がびしょぬれで遊んでいました。



 ピースもロングリードで、少しのびのび。でもやたらにロングリードに興奮して、走りながらかんでいました。



 興奮しすぎて、すぐに疲れてぐったりです。



 子どもたちが裸ん坊で、笑い、遊ぶ姿は見ていて幸せでした。  


Posted by いなまつゆか at 18:34Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2008年04月28日

はしとハシ?

 今朝散歩をしていると、夫が「このはしのらんかんは違うな・・今はもっと長くて・・・」と語り始めた。

 それはひかり橋というところだったから、わかりそうなものなのに、わたしといえば勝手に食べる「ハシ(箸)」を想像してしまって、この欄干のどこに箸の形を使っているのかと考え、意味不明状態に陥ってしまった。

 実はこのひかり橋、新幹線の線路の高架下にある。
 そして欄干は、


 こんな形をしているのだ。

 新幹線ひかり号をかたどっているわけ。

 遠くから見るとまさにひかり号。


 何年も毎朝毎夕通り、車でもさんざん渡ってきたひかり橋。
 ひかり橋という名前は知っていたけれど、ひかり号をかたどっていたなんて、まったく気づかなかった。

 ちなみに、高架をはさんで向こう側にある橋は「こだま橋」なんだそうな。
 これは、名前も知らなかった。

 夫はひかりとこだまの両方を知って、気づいたのだそうだ。

 へぇぇぇ~オドロキ

 新幹線どころか、ハシの意味さえ取り違えて、とんちんかんなやりとりを繰り広げ、意味不明ワールドに入り込んでしまったわたし。

 この夫婦が以心伝心になる日は遠そうだ。  


Posted by いなまつゆか at 18:20Comments(0)コミュニケーション

2008年04月27日

講座日程変更のお知らせ

 東播磨カウンセリング研究会の講座「ロールプレイングⅠ」の日程が変更になりました。


 第8回12月21日(日)を、12月7日(日)に変更します。

 よろしくお願いします。  


Posted by いなまつゆか at 18:40Comments(0)東播磨カウンセリング研究会

2008年04月27日

総会報告

 今日は東播磨カウンセリング研究会の総会でした。

 無事終了しました。

 また、記念講演会では、神戸常盤大学准教授の小崎恭弘さんにお話していただきました。

 

 小崎さんは、西宮市で第1号の男性保母をされていた方です。

 おもしろくて、興味深いお話でした。

 印象深いのは、「1歳のときに自尊感情を育てたはずなのに、学生になったときにどうしてそんなに自信がないんだ」という話です。

 キラキラしていた目が、いつのまにかおどおどするようになるのは、本当に残念です。

 小崎さんは自尊感情が高くて、とてもすてきな方です。

 こんな大人が増えてきたら、子どもたちもキラキラした目のままで育つのではないでしょうか。  


Posted by いなまつゆか at 18:35Comments(0)東播磨カウンセリング研究会

2008年04月26日

スーパーな店員

 よく行くスーパーにすごい店員がいます。もう達人です。

 何の達人かというと、コミュニケーションの達人。

 わたしはスーパーのレジの人とでも普通に会話をすることが多いです。なぜかというと返事や挨拶をするからです。

 その人とは前からよく会話をしていたので、この前は「久しぶりですね~」と声をかけてくれました。

 「そうですね~」などと返しながら、お天気の話になり、その間にも「カードはお持ちですか」などという業務の会話も混ぜつつ、ついにはお天気の話だけで二人で大笑いになりました。

 これはすごいです。お天気の話だけで、大笑いしてしまったのですから。

 本気で尊敬しています。

 買い物で、こころも明るくしてもらいました。

 
   


Posted by いなまつゆか at 18:55Comments(0)コミュニケーション

2008年04月25日

スフィンクス前ケンタッキー

 今日は勉強会でした。

 講師の方が以前「スフィンクスの前にケンタッキーのお店があるらしい」とお話くださっていました。

 すると、メンバーが今日インターネットで画像を探して持ってきてくれました。

 そこにはスフィンクスの後姿と、その前にあるケンタッキーのお店が・・・オドロキ

 なんでも前にトリビアの泉でも紹介されたとか。

 先入観で、スフィンクスは砂漠の真ん中にそびえ立っていると思っていました。だって、そんな写真しか見たことないんですもん。

 スフィンクスの前に広がる景色は、なかなかの都会でしたわ。

 思い込みっておそろしいですね。

   


Posted by いなまつゆか at 19:02Comments(0)子育て・自分育て

2008年04月24日

教えられないもの

 今日髪を切りました。

 美容師さんは若くて小さな子どもさんをお持ちなので、いろんな現代の子育て事情をきくことができます。

 いろいろ話していて、日頃の疑問が一つ解けた気がしました。

 ときどき、自分中心なことをする人がいて、こういうことをしたらまわりや相手が迷惑なんだよ、ということをどれほど説明してもわかってもらえないのが不思議でした。

 それが小さな子どもではなくて、30も過ぎた、いやいや50を過ぎていたりもするのです。

 そういうことは、大人の目が届くところで、しかも監視するのではなく、見守りのなかで、時間をかけてはぐくまれるものなのだ、ということがわかりました。

 また口だけで教えられるのではなく、相手に思いやりのある態度を示してもらったり、他の人が思いやってもらっているのをみて、自然に身につくものなのだとも。

 人のものをとらない。相手が困るのを喜ばない。困っている人がいたら、できる助けをする。

 そんな当たり前のことを、大人の態度でみせていく。

 悪いことをしたら、親が平謝りで相手に謝る姿を見せる。

 涙を流して悲しむ。

 それほどのことをしたのだと、からだ全身で感じさせることがとても大切なことなんだと思います。  


Posted by いなまつゆか at 18:18Comments(0)子育て・自分育て

2008年04月23日

ついつい・・

 ついつい午後に「相棒」を見てしまい(大好きなんです)、やろうと思っていたクローゼットの片づけが夕方にもつれこみ・・

 えらいことになったときに、連れあいから「もうすぐ帰る」コールが・・・・

 おっと、えらいこっちゃです。

 部屋も、晩御飯のしたくも。

 今30分でとりあえずのところまで、こぎつけましたチョキ

 えらい、(かな?)わたし!!  


Posted by いなまつゆか at 19:36Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2008年04月22日

クラスの始まり

 今日は大学の日。

 今までは全体講義なので、クラスに分かれて演習をするのは今日が初めてです。

 初日は緊張するものですが、今年は案外平気で・・慣れというのは偉大です。

 今年もなかなかいいキャラがそろっていて、楽しい前期になりそうです。

 「社会福祉援助技術演習」という長くて難しそうな科目ですが、人を援助するためのコミュニケーション技法や面接技法、事例検討などの練習をする、やっている方もおもしろい授業です。

 今日は「自分をしる」というところを主にやりました。

 人を支援するときに、「自分をしると」いうのはとても大切なこと、でもとても難しいことです。

 最初はあまりなじみのない者同志が、お互いを知り、自分を知るなかで、最後にはかなり仲良くなります。

 これもコミュニケーションの素晴らしいところだと思っています。  


Posted by いなまつゆか at 19:39Comments(0)コミュニケーション

2008年04月21日

カモとカメとゾウ

 今朝散歩途中で、カモとカメを見つけました。

 この春初めてのカメさんです。

 カモさんは、そろそろ終わりごろです。

 今だから見られるツーショットです。

 ゾウは、本「夢をかなえるゾウ」です。今日テレビ番組「とくダネ!」で紹介されていました。

 マスコミでぼちぼち取り上げられるようになりました。

 笑いあり、涙ありの、おもしろ「実は啓発本」です。

 「えらそうで啓発本は嫌いだ」という方や「読んだけど何もせずに挫折した」という方は一度読んでみてはいかがでしょう?

 ちなみにわが家は家族全員読破済みです。  


Posted by いなまつゆか at 18:34Comments(0)子育て・自分育て

2008年04月20日

夜景


三宮で夜景を見ています高い所から見ると、意識が広がりますね。
  


Posted by いなまつゆか at 19:55Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2008年04月19日

動作法

 今日は動作法「ほっとの会」でした。

 春は移動など変化が大きくて、不安定になりがちです。

 知的障がいがある人たちは、とても敏感だし、変化に対応するのは苦手なので、この時期はみんな大変なのです。

 実はそのしんどさは、誰もが抱えること・・・というわけで、今日はからだをほぐし、ゆるめることを中心にやりました。

 大人同士もやりながら、「人の手のぬくもりっていいね~」と実感しました。手当てとはよくいったものです。

 そのあたたかさに癒されました晴れ

 さて、5月と6月の予定です。

 5月24日(土)13:30~

 6月21日(土)13:00~

 いずれも、播磨町野添コミュニティーセンターです。  


Posted by いなまつゆか at 20:00Comments(0)東播磨カウンセリング研究会

2008年04月18日

くたくただ~

 今日はダンスでたくさんからだを動かしました。

 くたくたです叫び

 仕事があったりで、ダンスは久しぶりです。

 疲れますが、いきいきもしてきますピカピカ

 あたまも、からだも、こころも・・・いろんなところを、リズムをもってバランスよく動かすことは大切なことですね。  


Posted by いなまつゆか at 19:13Comments(0)子育て・自分育て

2008年04月17日

インプットとアウトプット

 今日は物入れの整理と読書とお金の振込みと買い物と・・

 なんだか出し入れの激しい一日でした。

 しっかり出さないと、いいものが入ってきませんからね。

 物入れは大変すっきりしました。あ~気持ちさわやか晴れ

 春になって、暇さえあれば整理にいそしんでいますが、引っ越して6年。

 知らないうちに、いろんなものがたまっているんですよね。

 整理してもしても、なかなか敵は手ごわいです。

 だけど、手付かずのところは、残りわずかとなってきました。

 でも、クローゼットが残っています・・・ガーン

 よ~し!!めげずに、またやるぞ。ファイト、おーパーンチ  


Posted by いなまつゆか at 18:04Comments(0)子育て・自分育て

2008年04月16日

魂の歌声

 今日はテレビで、ほぼ同じ時間帯に目の見えない方の話題がありました。

 一つはNHKで中途失明をした方たちの生活訓練の話。

 もう一つは、フジテレビで来日中の全盲のテノール歌手アンドレア・ボチェッリさんの生歌。”Time to say Good bye "をサラ・ブライトマンと歌ったことなどでも脚光をあびた素晴らしい歌手です。彼も12歳のときに失明したのだそうです。

 中途失明をして、職場復帰をしたり、遊びに行ったりするのは大変なことです。

 まず、そこまでしようという気持ちになること自体も難しいことです。

 NHKの方で、ゲストで呼ばれたやはり目の見えない方が、「自分たちも社会参加したい。しかし選択肢がほとんどない。目の見える人たちが、何が出来るかを考えて欲しい」とおっしゃっていました。

 ボチェッリさんは、司会者に自分の声が神の声や魂の声だといわれているが、どうかときかれ、「神とは別物だ。しかし自分の声は神から贈られたもの。この才能を生かせることがとてもうれしい」というようなことをおっしゃっていました。

 誰にも何か生かせるものがあるはず。ボチェッリさんのように、どの人も自分を生かせる社会を作っていく必要があると感じました。

 人は資源だといつも思っています。  


Posted by いなまつゆか at 19:20Comments(0)子育て・自分育て

2008年04月15日

うぐいす

 この前朝散歩していたら、うぐいすの鳴き声が・・・オドロキ

 え~播磨町で?(ま、それほど都会ともいえませんが、田舎ともいいづらいところです)

 と思いましたが、

 一度きりではなく、何度も何度も聴こえたのです。

 確かに播磨町は鳥の種類が多い気がします。

 それも町内を流れる喜瀬川の浄化が行われてから特に増えたようです。

 でも、うぐいすは、初めてだな~ニコニコ   


Posted by いなまつゆか at 18:51Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2008年04月14日

料理の効用

 昨日買い物で、えびを殻つきで買うのか、むきえびにするのかで夫と迷いました。

 「こうやって、料理しなくなるんだろうな」 といいながら、時間が遅かったこともあって、むきえびにしました。

 今はお惣菜も豊富でおいしいし、すごく高価でもないです。

 だから、買ってしまうこともあります。

 それでも毎日は、できるだけ手作りしたいな~と思っています。

 こった料理はしませんが。

 いためたり、炊いたり、揚げたりするだけ。いたってシンプルです。

 社員食堂をテーマに取材していたのをテレビで見ましたが、食材は会社もちで冷蔵庫に入れてあって、社員が当番でまかないを作って、希望者みんなで食べるという会社がありました。

 食べる以上にみんなで料理することに効用があって、チームワーク力があがるようでした。

 一人で作っていても、作っている間に元気になることもあります。

 料理には不思議な効果があるのかもしれませんね。

 だからといって、無理は禁物。しんどいときは手抜きもOKだと思います。

 楽しんでやれるのが一番ですね。(毎日になると、難しいけどね)  


Posted by いなまつゆか at 19:34Comments(0)子育て・自分育て

2008年04月13日

Around 40

 金曜ドラマ「Around 40~注文の多いオンナたち~」を観ました。

 わたしは45歳なので、ぎりぎりAround 40(アラフォーと呼ぶらしい)か、はみでるかぐらいです。

  40歳を迎えるというのは、特別なことなのかもしれません。

 ちょうど人生の折り返し地点といわれますが、今までの生き方はどうだったのか、そしてこれからどう生きていくのか、考えるいい機会かもしれないですね。

 一方そのせいで、ゆれる時期でもあります。

 私自身は、「かっこいい40歳」を目指して30代をがんばってきたので、「とうとうか」という感じで、結構40を嬉しく迎えることが出来ました(目標達成はどうかわかりませんでしたが)。

 今は「かっこいい50歳」を目指して、奮闘中です。

 現場が精神科、臨床心理士もいるとのことで、そこもちょっと興味があります。

 ドラマのようにサクサク仕事ができれば、楽でいいなと思いましたが。

 このクールはホームドラマでない大人のドラマが結構あるので、楽しみです。  


Posted by いなまつゆか at 19:41Comments(0)子育て・自分育て

2008年04月12日

桜散る

 そろそろ桜が散りだしました。



 桜吹雪がとってもきれいです。

 満開もいいですが、散る姿もいいですね。

 空があり、川があり、桜の樹があり・・・・そういうことはあまり変らないのだけど、それぞれは日々変化しています。

 変らないことと、変化すること、そのバランスが美しい。


 今日は家族の誕生日パーティー。
 変らぬいのちのありがたさと、年を重ねるすばらしさを祝いたいと思います。



 たこ焼き今日久しぶりに他の人のブログをみてみたら、いや~おもしろいですね~。またみてみようっと。  


Posted by いなまつゆか at 19:33Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ