2015年05月04日

子どもが自信を持つための、魔法のコーチング

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら

サッカーをする少年たち


NHKの番組で、魔法のようなコーチングを観ました。

「奇跡のレッスン 世界の最強コーチと子どもたち ―フットサル日本代表監督との1週間―」

フットサル日本代表ミゲル・ロドリゴ監督が、少年サッカーチームを1週間コーチをしたのです。


どこか自信なげな子どもたちでしたが、1週間で、自信を持ち、動きもチームワークも、みるみるよくなりました。

いったい、どうしたのでしょうか?


監督は彼らのことを1日目、よく観察し、その後の練習で、彼らに必要なことを伝えていきました。

楽しく、密にコミュニケーションを図りながら。


命令するのではなく、自分で考える、自分で判断する、自分で選ぶようにしていきました。

何より、失敗を責めず、一度も怒ることがありませんでした。

いいところは、積極的にほめていきました。


子どもたちの目がイキイキとしていきました。

一人の子どもは、絵日記に「ミゲルさんにほめられた」と赤い吹き出しの中に書きました。


1週間の練習後(といっても前日はお休みでみんなで遊びましたが)、ほぼ互角だったチームと試合をしました。


自信がなく、試合前にお腹が痛くなっていた子が、平気になりました。

能力が高い分、自己中心的になっていた子は、仲間とコミュニケーションを図る練習を重ね、試合の目標を「チームワーク」と言い切りました。

試合に指名されると、「え?」とためらっていた子は、練習中「新しいネイマール」と呼ばれ、試合で初得点をあげました。


互角だったはずなのに、なんと9対0で勝ちました。


興味深かったのは、変わったのが子どもだけでなく、親たちもだったことです。

「お母さんの小言が減った」と子どもが言いました。

「もっと認め、ほめた方がいい」ということを、見違えるように成長した我が子を観て、痛感したのです。


ミゲル監督を、我々大人が見習ったなら、子どもたちは自信に満ち、瞳を輝かせて、活躍することでしょう。


シュートをして失敗したら、「なぜパスをしない」とコーチに怒られ、パスをしたら「なぜシュートをしない」と怒られた、子どもの例を監督があげていました。

その子は、自信を持って判断することができなくなってしまったそうです。

なんと悲しいことでしょう。


明日は、子どもの日。

子どもなりの判断を尊重し、失敗したら、どうしたらいいかを考える手伝いをしてあげてください。


カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら



クリックよろしくお願いします。
↓↓↓
同じカテゴリー(子育て・自分育て)の記事画像
すくすく育つ!夏休みに、子どもさんにおすすめすること
子どもの集中力が増し、切り替えがよくなるトレーニング
ブレるこころをしっかりさせるには
不満を解消し、しあわせ感を得るためにどうするか
パワーを出す、簡単で無理のない方法とは
不得意なことと、どう付き合うか?
同じカテゴリー(子育て・自分育て)の記事
 すくすく育つ!夏休みに、子どもさんにおすすめすること (2016-07-23 16:05)
 子どもの集中力が増し、切り替えがよくなるトレーニング (2016-04-29 10:17)
 ブレるこころをしっかりさせるには (2016-04-14 15:16)
 不満を解消し、しあわせ感を得るためにどうするか (2016-03-08 18:34)
 パワーを出す、簡単で無理のない方法とは (2016-02-19 20:22)
 不得意なことと、どう付き合うか? (2016-02-08 18:24)

この記事へのコメント
見ました、いい番組でしたね。
褒めて伸ばす、今日から孫にも実践してみます。
ありがとうございました^^.
Posted by 太陽太陽 at 2015年05月05日 07:38
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ