2014年10月07日

会話に行き詰まったら、どうするか

映画「ノルウェイの森」のロケ地、砥峰高原のある、兵庫県神崎郡神河町で仕事でした。



神河町社会福祉協議会さんのお話し相手ボランティアのフォローアップ研修「傾聴技術をよりアップ①」です。

「会話がとぎれて沈黙になると、気まずいので、どうしたらいいか」という質問が出ました。

どんどん、話をしたい、聴いてもらいたい方は、ただただ聴けばいいのですが、お話し相手ボランティアの場合は、そうとは限りません。あまり、お話なさらない方もいらっしゃいますし、「何か、話をして」と言われることもあります。会話に慣れていないと、本当に困りますよね。

そういう時に、雑談する力があると、便利です。

前にご紹介した、「雑談力が上がる話し方」(齋藤孝、ダイヤモンド社)にも書かれていますが、「連想ゲーム」をすると、雑談する力が上がります。

「いろはに金平糖、こんぺいとうは甘い、甘いはお砂糖、お砂糖は白い・・」と続く童謡のように、次々と連想していきます。

「〇〇といえば、××だよね」と続けられると、話が次々湧いてくるのです。その中で、相手の方が乗って来て、話が続き出したら、聴き手にまわります。


話し相手が目的ですので、自分が話すことに夢中になると、相手の方を置き去りにしかねません。
話していても、相手の方がどんなお気持ちかを意識しながら、相手をします。

他にも、お天気の話や、ちょっとした面白い話は、話題として楽しくて、大して実がないので、お勧めです。  


Posted by いなまつゆか at 19:29Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ