2014年10月20日

トークがすばらしすぎて、伝わらない!

神戸市長田区で仕事でした。
知的障がい児者を持つ親の会「神戸市手をつなぐ育成会」さんがなさっている、知的障がい児者さんとその親御さんを見守る活動「見守りTAI」のフォローアップ研修です。

「話し上手、きき上手になれる、コミュニケーション術」が、テーマでした。

話し上手といえば、立て板に水で、流暢に話せるイメージがあるかもしれません。しかし、その流暢さが仇になることもあります。

先日、お伊勢参りをしたとき、移動にタクシーを使いました。運転手さんは、伊勢神宮にとても詳しく、数字をあげて、参拝の順序や行った方がいい場所なども、たくさん教えて下さいました。

ところが、情報量が多い上に、早口で、間があまりないために、わたしの頭の中は、途中からオーバーフローしてしまいました。つまり、お手上げ状態になってしまったのです。一緒に乗っていた人たちも、ほぼ似たような様子でした。置いてけぼりをくらった感じです。

講師としては、見習う点も多い、すばらしいトークだっただけに、もったいなかったです。

話し上手は、きき上手。
昔から言われていることですが、相手とのキャッチボールをしながら、相手のペースに合わせて、お伝えしていくと、「伝える量」は少なくなっても、逆に「伝わる量」は増えます。

かく言うわたしも、本日は、1時間だったため、少しハイペースでした。伝えたいことと、時間とのかねあわせ、悩ましい問題です。

少なくとも、流暢に話せなくても、話し上手になれることは、間違いありません。トークに自信のない方も、気にしないで、相手に合わせたペースで、シンプルに話したいことを伝えてみて下さい。


  


Posted by いなまつゆか at 18:23Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ