2007年02月28日

今日はOFF

 わたしの場合、土日関係なく仕事が入り、予定がなくても仕事を家でする、というのが日常なのですが、今日はさしせまった仕事がなかったので、基本的にはOFFでした。

 OFFの日には、家事をいつもよりしっかりすることが多いです。専業主婦だった頃は、家事が大嫌いでしたが、今は好き、というより、大事にしている作業です。

 といっても、必死にやるわけではなく、仕事があるときには難しいことを少し多めにやる感じです。なんか、家事をまっとうにやると、まっとうに生きている感じがするのです。掃除もできて、すっきり気分です。

 特に、料理は割合好きなほうなので、仕事のときもできるだけ手作りにしています。イタリアのお母さんは疲れたときほど、ちゃんと手間をかけた料理をすると聞きました。わたしも、今日はしんどいから、料理するの嫌だなと思うのですが、やりだすとなぜか元気になってきます。

 家事って、生きているベースなんですね。だから少し手を入れると活性化してくるのだと思います。そういうわけで、今日は久しぶりに手作りぎょうざです!!




サクラももさん、澤田さん、コメントありがとうございます。そう、ほんとに話し合いって難しいです。ですが家族も自分とは別の人だ、と思うと、やれてしまうところがありますね。  


Posted by いなまつゆか at 20:40Comments(1)こころのケア・メンテナンス

2007年02月27日

我が家は民主主義

 うちは民主主義をモットーに動いています。以前は自由な家なんだと言っていたのですが、それだとやりたい放題にしているような誤解をうけるので、「民主主義」と称しています。

 そもそもは、「超学校」(大沼安史訳,一光社)という本を書いたダニエル・グリンバーグさんに影響を受けたことが始まりでした。彼はアメリカでサドベリー・ヴァレー・スクールという学校を作ったのですが、そこがとてもユニークでした。

 子どもたちは年齢に関係なく、自分たちの好きなことをしてよいのです。遊びたかったら遊び、学びたかったら学ぶ。先生が必要なら、先生を連れてくるという風に。そして何かあったら、皆で話し合うのです。なんか、いいなーと単純に思ってしまったのです。

 けれど、日本の学校にこれを求めるのは難しいと思いました。実際にそういう学校を作った方々もいらっしゃいましたが(すごいことです)。それで、夫とわたしは自分の家をサドベリーにしようと思ったのです。

 思うのは簡単ですが、実践するのは大変で、学校とおりあいをつけていくのは難しかったです。宿題はどうするのか、学校に行きたくないときはどうするのか、そのときどきでずいぶんゆれました。

 それでも、基本的にはお互いの意見を尊重し、調整していきました。子どもたちも大変だったと思います。何しろ自由を与えられるということは、その結果を引き受けていく責任があるということなのですから。

 また、なんでもOKではもちろんなく、大人と子どもという立場では、全面的に子どもの意見を受け入れられない場合もあり、苦渋の選択ながら命令に近いこともありました。

 民主主義はなかなか面倒です。

 たとえば外食一つでも、それぞれがどこに行きたいか意見を出し、意見が割れたら、なぜ自分の意見がいいのか説明したり、譲ったり、次は自分の意見を優先するなどの条件をつけたりと、交渉して決めていかなくてはなりません。

 いつもお父さんが決めることにしていたら、不満はあるでしょうが楽ができるのです。そうはいかないので、決まるのに時間がかかってしまいます。

 そんな面倒なことを繰り返しながら、子どもたちは自分で決めること、自分の言動には責任を持つこと、相手を尊重すること、全体のことを考えること、などを体験的に学んでいきました。

 近頃は皆慣れてきて、流すところは流し、譲れないことは譲らず、上手に民主主義できるようになってきました花まる。今はそう面倒でもないし、お互いの理解がずいぶん進んで、風通しのよい家庭になっていると思っています。

 また、何か一大事が起こっても、普段コミュニケーションをまめにとっているおかげで、対応がスムーズに出来るように思います。

 少し手間をかけることの積み重ねが、すごく大変なことを避ける手立てになるんですね。



  


Posted by いなまつゆか at 19:03Comments(2)子育て・自分育て

2007年02月26日

好きな曲は、BUMP

 今このPCで、”BUMP OF CHICKEN”の曲がかかっています。もともと子どもが好きだったのですが、付き合いで聴くうちにわたしも好きになりました。特に「オンリーロンリーグローリー」以降の曲がいいなと思います。

 わたしの世代(40代半ば)では、なじみが薄いかもしれません。ドラマやCMの曲も手がけているのですが。

 ボーカルで作詞作曲を担当する藤原基央さんの歌詞に惹かれます。いまどきの若者の気持ちがよく表現されている一方で、それだけでなく若い人たちにわたしが伝えたいと思うような大切なことも、うまくあらわされているのがすごいと思うのです。

 いかにも詩という感じのことばが使われているわけではなく、簡単な、どこにでもある言葉で、どこにもない表現をしています。うーん、ただものではないと思ってしまいますね。

 知らないわ、という方は、よかったら聴いてみて下さい。わたしたち世代なら大人しめの「スノースマイル」や「涙のふるさと」ぐらいが聴きやすいかもしれません。基本的にはバンドグループなので。

   


Posted by いなまつゆか at 19:27Comments(0)プライベート

2007年02月25日

お年寄りの手に

 今日は、話し相手ボランティアをしに、特別養護老人ホームに行ってきました。月1回の活動です。

 話し相手ボランティアは、おそらく一番地味なボランティアでしょう。特にわたしは積極的に話しかけるというよりは、なんとなく横にいるというひとときも大切にしているので、はたからみていると、ただ一緒にテレビを見ているようにしかみえないときも多々あります。ですが、わたしがテレビを見て笑うと、いつもは無言で見られている方が、つられて笑われることがよくあります。何もしていなくても、誰かがそばにいるというのは、やはり何か違うんですね。

 相手の方だけでなく、わたしのこころも動きます。今日は皆さんと一緒におしぼりたたみのお手伝いをしているときに、ふと目にとまったお隣の女性の手にこころひかれました。90才を越えるとおっしゃる、その女性の手は、しわがいっぱいなのですが、とても美しく感じました。この手で何十年もはたらいてこられたんだなーと思ったのです。

 長く続けるというのはすごいことです。その方の歴史を感じたのだと思います。その女性はとてもはたらくことが好きな人でした。あの手も、とてもはたらきものに違いありません。ついついみとれてしまいました。

 わたしも90をこえたとき、すてきな手をしていたいと思いました。

 こんな経験もできるかもしれない話し相手ボランティアに、皆さんも参加してみませんか?

ホームの近くの風景です。冬って感じですね。
  


Posted by いなまつゆか at 18:15Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2007年02月24日

見知らぬ土地におじゃまして・・

 今日は、講演先に打ち合わせもかねてお届け物をしに行って来ました。加古川なので近くだったのですが、初めての場所でした。

 講演で兵庫県の東西南北端から端まで、結構行っているつもりですが、近くでも知らない場所はたくさんありますね。

 昔は石橋を叩くほうだったので、初めての場所に行くのは苦手でした。ところが慣れとは恐ろしいもので、仕事であちらこちらに行かざるをえず、たくさん経験していくうちに、知らないところ、遠いところに行くのが大好きになってしまいました。

 今日も、帰りに初めて行く小さなスーパーで買い物をしてみました。お野菜が安くて、新鮮だったので、やったーという感じでした。

 先生などと呼ばれることが多くなると、何でも知っているかのような錯覚に陥りそうで怖いのですが、知らなかったな、という経験をすると謙虚な気持ちになれそうで、ほっとします。

 こんな近くでも知らないことがいっぱいあるのですから、外国に行ってみたら、びっくりオドロキするようなことがいっぱいあるんでしょうね。それを考えただけでもわくわくしてきて、長生きしたい気持ちになります。


クローバー「みっちゃん」さん、澤田さん、コメントありがとうございます。また素敵な人たちを紹介していきたいですね。  


Posted by いなまつゆか at 19:50Comments(0)子育て・自分育て

2007年02月23日

すごい若者がいるそうな

 今日は月2回の勉強会の日でした。といってもカウンセリングの勉強ではなく、生き方の勉強です。
 
 先生から、すごくすすんだ生き方をしている若い人がいるという話をききました。彼らは、誰とでも簡単につながり、人を育て、貢献を第一目標にかかげているのだそうです。

 うーんすごい!若いうちから自分のことではなくて、みんなのことを考えているんですね。日本の未来が明るく思えました。彼らの目はきっときらきらしていることでしょう。なぜか自分のことばかり考えていると、目が死んでいき、みんなのことを考えると目が輝いてくるからです。

 大人であるわたしも、彼らのようにありたいと思います。目をきらめかせてピカピカ生きていたいのです。わたしたちの今が子どもたちの未来。わたしたち大人がいきいきとしていることが、子どもたちに希望を与えます。

 だから、大人になるのもなかなか素敵、早く大人になりたいな、と思えるような人間でありたいと思うのです。  


Posted by いなまつゆか at 19:14Comments(2)子育て・自分育て

2007年02月22日

愛犬ピースです



 我が家の癒し犬ピースです。ラブラドール・レトリバーの女の子5歳です。

 みんなに平和をもたらすようにと願って、この名前をつけたものの、子犬の頃はとてもやんちゃで、平和なのは、本人(本犬?)ばかりで、破壊の神と呼ばれていました。

 動物好きがそろっている我が家では、ずっと「かわいいかわいい」を連発して育てたために、「かわいい」=自分だと思い込んでいて、違う子をかわいいと言っても、ふりむいています。

 末娘ゆえか、いつまでも甘えたで(人間の年齢なら、お兄さんもお姉さんも越えて長女になれる年なのですが)巨大なからだをかえりみず、全部膝にのっかろうとします(本当はしつけ上いけないんですよね)。この写真は、なんとかおにいちゃんの上に全部のっかることができて、満足気なところです。

 ものいわぬ命の存在というものは偉大で、疲れて帰ってきても、ピースがいるだけで、こころがなごみ、疲れがとれる気がします。やはり癒し犬なんですね。  


Posted by いなまつゆか at 17:27Comments(0)プライベート

2007年02月21日

初めてにウキウキ

 ともパパさん、コメントありがとうございます。うれしかったです。こちらこそ、よろしくお願いします。

 そして、初めてランクインしました拍手人とあまり比べないようにしているのに、「おっ」と思ったのはなぜでしょう?やはり、可愛いわが子である「ぽれぽれ」の名前をみつけたせいでしょうか。それに、たくさんの人がみてくださるのは、うれしいですねーニコニコ

 ブログを始めて、いろんな初めてに出会って、赤ちゃんのような自分を感じます。ビギナーならではの喜びですね。子犬が始めての散歩で、何もかもが珍しくて、ぴょんぴょんはねながら歩いている、そんな感じなのです。  


Posted by いなまつゆか at 18:58Comments(0)子育て・自分育て

2007年02月20日

返ってくるって、うれしい!

 慣れないために発信で手一杯でしたが、最初の記事にモモさんが、そして昨日かわいさんがメッセージを返してくださったのが、うれしかったです。ありがとうございました!!

 お互いにやりとりがあって、そこに共有できるものがあることがコミュニケーションだ、と日頃思っています。ささやかないったりきたりが、うれしいんですよね。寒いねーとか、おはようとか、これかわいいねーメロメロとか・・・

 人間関係は難しくて、絶対にやりとりしなければ、とか、返してあげなくては、と思うのも負担になって楽しくないですよね。お互いに返すも返さないも自由だから、返ってきた時にいっそううれしいのだと思います。

 期待しないからこそ、いい関係が続けられるのかもしれません。その一方で、一人でもいいから、誰かが何かを感じてくれたらうれしいな、という希望はもっていたいな、と思っています。  


Posted by いなまつゆか at 19:41Comments(1)こころのケア・メンテナンス

2007年02月19日

もう、話し放題・・笑い放題・・・

 今日は、とある大学の一角で、会議がありました。メンバーは、教育や保育、環境などのスペシャリストたちです。、とてもユニークで素敵な方ばかりで、毎回楽しくてしょうがないという、珍しい会議なのです。

 日本人は、どうしても遠慮して、反対意見を言わなかったり、強い意見になびいてしまったりしがちですが、この会では、しっかり意見をぶつけることが許されます。後で意地悪されたりしないのです。

 多様性を認める、相手を尊重するということは、こういうことなんだと思います。安心して自分の考えが言えて、ちゃんと受け入れてもらえるということは、なんて素敵なんでしょう。そんななかからは、すばらしいアイデアがどんどん飛び出してきます。

 しかも、お堅い感じはまったくなく、しょっちゅうおもしろいことを言っているので笑いがたえません。大笑いしながらお互いに刺激をもらって、成長しあう感じですニコニコ

 こんなグループが増えたら、世の中明るくなるだろうな、と本当に思います。

これは、そこの大学に咲いていた水仙です。
  


Posted by いなまつゆか at 22:09Comments(1)プライベート

2007年02月18日

うた三昧でした

 昨日は、午後は大学時代に所属していた合唱団のOBを中心に作った小さなコーラスグループ「シュテルネ」で、3時間みっちり練習し、午後は2年間受けた研修の打ち上げで、夜中までカラオケでたっぷり歌いました。

 こんなに歌ったのはひさしぶりで、すごく楽しかったです。やっぱり歌が好きなんだなと思いました。そしてただ歌が好きなだけではなくて、人とハモるのが好きなんだと気づきました。一人で歌うのとは全然違う楽しさなのです。なんなんだろう・・やはりコミュニケーションの楽しさなんでしょうか?特にばっちりハモれたときは、しびれる感じですメロメロ

 合わせようという気持ちが、素敵なものを作るんでしょうか。こればかりはお金で買えない幸せ感です。  


Posted by いなまつゆか at 22:47Comments(0)プライベート

2007年02月17日

たまには休もう・・

 カウンセラーという職業柄、いろいろなヒントをお伝えすることが多いのですが、まじめな方ほど完全に言われたとおりにやらないといけないと思ったり、そうできない自分はだめなんだと思ったりしてしまいがちなのが気がかりです。

 そういう人は普段一生懸命がんばっているのだから、不完全な自分を許してあげてほしいのです。たまには休みましょう(がんばって休まなくていいですよスマイル

 わたしたちは普通に生きる権利があります。スーパーマンやスーパーウーマンになる必要はありません。

 わたしにとって「普通に生きる」とは、できることはやり、できないことはしないこと。当たり前なんだけどむずかしいことですよね。断りたいけど、断れない。休むと罪悪感が生まれる。逆にやらなくちゃと思うし、できるはずなんだけど、やる気がおこらない。そういうこと、よくありませんか?

 当たり前に生きるのは案外難しいことだけど、少しでも実践していけたらと思うのです。

 忙しい人は5分でいいから、自分をやすめ、いたわるための時間をとってみませんか?  


Posted by いなまつゆか at 09:42Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2007年02月16日

卒業

 高校3年生の息子が卒業します。

 子育ての短期目標を高校卒業までと決めていましたので、感無量です。

 生まれたときは慣れなくて、おむつ交換や授乳で手一杯でしたが、果てしなく続くと思われた子育ても、過ぎてみればあっという間でした。平凡なコメントだなと思いつつ、大変だったけれど、おもしろかった、楽しかったというのが率直な感想です。

 めんどうだと思えば、しんどいばかりの子育てですが、こちらから向き合っていくと、なかなか奥深いおもしろさがありました。

 18年もかけるプロジェクトはそうそうあるものではありません。もちろん、完全な子育てなどありえないので、積み残しもあるけれど、ベストは尽くしたと思えます。

 また、永遠に続くと思えると漠然とすごしがちですが、ゴールを決めておくと子どもたちとすごす時間が貴重に思え、計画的に動くことができました。何歳までにはこの点を大切にして育てていこうというように。

 わたしたちの子育ての最終ゴールは、子どもたちの人生が終わるときに「ああ、いい人生だった」と思えること。手を出し、口を出し、の時期が終わっても、最終結果が出るのは、おそらく遠い未来です。  


Posted by いなまつゆか at 18:56Comments(0)子育て・自分育て

2007年02月15日

梅を見に行きました



 先日、明石の御厨神社に梅を見に行ってきました。よく咲いていて、とても美しかったです。

 普段は仕事が立て込んでいることが多く、なかなか遊びには行けないのですが、遊びに来てくれた甥っ子をだしに梅見に行くこととなったのです。

 少しこころが疲れたら、自然のものを眺めてみてください。空でも山でも海でも花でも、なんでもいいのです。特に空はお勧めです。どこにでもありますから。

 人間は注目しているもののように、なっていきます。ガチャガチャしたものばかり見ていると、こころもガチャガチャしてきます。逆に自然のように調和のとれたものを見ていると、こころが整ってくるのです。  


Posted by いなまつゆか at 19:45Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2007年02月14日

カウンセリングって・・・

近頃は、「カウンセリング」という言葉もよく目にしますが、それでも実際に相談に来られる方は、まだまだ少ないかもしれませんね。

で、いったい何しているのかを説明したいと思っても、これがなかなか難しい。一見すると、世間話に見えるときがあるかと思えば、ただのお絵かきや砂遊びに見えるときも、あるのです。

ただ、どの場合も共通して言えるのは、そこに「こころの交流」があるということです。おしゃべりが好きな人でも、こころをじっくり通わせながら語り合うというのは、案外そうないのではないでしょうか。

安心、安全が提供された場で、カウンセラーとこころを通じ合わせていくなかで、生き方をゆっくりと考えてもらう。ぐちゃぐちゃになったこころを整理していく。こころに受けたダメージを癒していく。自由に自分を表現していく。新しい自分を発見していく。そんな感じでしょうか。

「こころの交流」というところは共通していても、百人いれば、百通りのカウンセリングがあります。そこがとても素敵なところだといつも思います。  


Posted by いなまつゆか at 15:04Comments(0)カウンセリング・講演等

2007年02月14日

カウンセリング希望の方へ

お気軽に連絡ください(予約制)
カウンセリング
ハート申込先ハートspaceporepore@yahoo.co.jp
ニコニコ料 金ニコニコ50分3000円

HP 心理スペース「ぽれぽれ」  


Posted by いなまつゆか at 13:20Comments(0)カウンセリング・講演等

2007年02月14日

はじめまして

初めてブログをすることになりました若葉マークこれから教育やメンタルケアなどで、皆さんの役に立つ情報を載せていきたいと思います。
よろしくお願いします。  


Posted by いなまつゆか at 10:43Comments(1)
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ