2014年10月18日

決めつけるのは、もったいない!ヒュー・ジャックマンの歌から捉え方を考える


ヒュー・ジャックマンが、CMで「あの素晴らしい愛をもう一度」を歌っています。その歌が、すばらしいのです。

「ヒュー・ジャックマン、日本の名曲を歌う」


「レ・ミゼラブル」の彼を知っていたら驚かないかもしれませんが、「X-メン」しか知らなかったら、「へえ、歌うんだ」と思うでしょう。ましてや、ヒュー・ジャックマン自体も知らない人なら、「誰?」となるでしょうね。

彼は、歌もダンスも、もちろん演技も抜群の力を持っていて、トニー賞の司会も務めています。トニー賞の司会者は、歌もダンスもトークの力も、求められます。

一人の人の、どの部分を知っているかで、まったく印象が変わります。わたしたちは、相手のすべてを知ることはできません。一部しか、知ることはできないのです。

特殊メイクをするアクションの人、歌って踊れる人、エンターテイメントな司会が出来る人・・・その一部がすべてだと思い込むと、相手を理解しきれず、誤解をまねいたり、いい関わりができなくなったりします。

障がいがある人、うつの人、認知症の人・・・ある一部分を切り取って、決めつけてはいませんか?
もったいない。

案外、若い頃踊りが好きだったとか。
実は、AKBのファンだとか。

決めつけなければ、知らないその方を発見できます。


  


Posted by いなまつゆか at 20:08Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ