2007年03月31日

動作法

 今日は東播磨カウンセリング研究会の例会「ほっとの会」でした。ここでは動作法をしています。

 動作法とは、からだの動きを使ってあらたな自分を作り出していく、という方法です。誰でも動きに癖があって、よく使っているからだの部分とあまり使っていないところがあります。その偏りを修正しつつ、今までにない動きができる自分を経験することにより、生き方までも変えていこうとするのです。

 現在は知的障がいや自閉症などをお持ちの方々と、そのお母さんたちと一緒に活動をしています。3年も続くと、それぞれに皆成長がみられ、それを報告される方もうれしいし、お聞きするみんなもうれしいのです。

 ペースはさまざまでも、人は皆それぞれに成長しているんだなーと思います。あせる必要はないんですよね。

時計次回は4月15日(日)10時から播磨町の野添コミセンで行います。  


Posted by いなまつゆか at 19:09Comments(0)東播磨カウンセリング研究会

2007年03月30日

親のつらさ

 子どもの育ちになんらかの不都合があったとき、たいていの親たちは自分の育て方を振り返ります。あれが悪かったのだろうか、こうしたことが悪かったのではないか、と。それは本当につらく、苦しい瞬間です。

 そういう話が出ると、わたしはまず「自分を責めるのはやめましょう。誰が悪いわけでもないのです」とお伝えすることが多いです。

 「あ、失敗した」と思い、「次はこうしてみようか」と修正をかけるのはOKなのです。ですが、過去をただ悔やみ、思い悩んでも、つらいだけで、未来にはつながりません。

 子どもも親も、みんな未来に向かって生きるものなのです。過去がどうであったかよりも、これからどうしていくかの方がずっと大切です。

 多くの親は、よかれと思ってしたことなのです。それが裏目に出たとしても、しょうがないことです。子育てには残念ながらマニュアルはないのですから。他のお子さんにやって成功したことでも、うちの子にうまくいくとは限らない。それが子育ての難しさであり、おもしろさでもあります。

 子育てに行き詰まりを感じていても、どうか自分を責めないでください。。「いろいろうまくいかないことがあっても、うちの子はよくなっていくのだ」と信じ、そのためにベストを尽くしていきましょう。そして自分たちだけで、つらさを抱え込まずにみんなで考えていきましょう。みんなで考えればいい智恵もわいてこようというものです晴れ  


Posted by いなまつゆか at 18:53Comments(1)子育て・自分育て

2007年03月29日

揺らいだ4日間

 ワークショップにいっている間に、能登半島で大きな地震が起こりました。

 なぜか、ワークショップ中に大きな事件や天災が起こることが結構あります。朝テレビを少し見るぐらいなので、地震のことは一応知ってはいても、浦島太郎の気分でした。

 そのゆらぐ感じが、被災地だけではなく、ワークにもあったし、家族にもありました。ハプニング続出だったのです。そういえば、わたしも、うちもそうだ、という方が多いかもしれません。

 意識されないところで、みんなつながっているから、「揺らぎ」を共有しているのではないかと思うのです。もしそうならば、まずはわたしたちが、ゆらぎを感じつつもできるだけ平静を保とうとすること、そして今つらい思いをしている方々のために自分が無理なくできることを考え、実行することは大きな貢献だと思います。

 震災を経験した兵庫のものとして、被災者の方々のことは他人事には思えません。また仕事柄皆さんが受けたこころの傷を思うと胸が痛いです。わたしも自分がやれることを考えていきたいと思います。


サクラカンチさん、コメントありがとうございます。
   


Posted by いなまつゆか at 19:25Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2007年03月28日

帰ってきたよ~

 ごぶさたです。

3泊4日のワークショップに参加してきました。ワークショップの間、寝るとき以外はほとんどはたらいていました。寝不足でくたくたですなき

でも、ほんの4日前には、会ったこともなかったメンバーが、生きていくうえでの、こころの支えになるという経験は、やはり貴重です。わたしのグループは、14人でしたが、あたたかく、こころやさしい、いいグループでした。いろんな話を語り合い、泣き、笑い、つらさを共有し、みんなのこころが一つになった感じがありました。

グループのみんなが日常に帰ってつらい思いをしたとき、支えてくれたメンバーのことを思い出し、なんとかやっていってくださればと願いますし、きっとそうしていかれると思えます。

約束どおり、赤穂の風景を・・
赤穂の朝の海

桜が咲き出しました

今日のお昼の赤穂です。


ね、ねむいウトウト・・そして疲れた大泣き  


Posted by いなまつゆか at 18:22Comments(1)カウンセリング・講演等

2007年03月24日

続けるということ、やめるということ

 音符澤田さん、コメントありがとうございました。

 10年以上金曜の晩に仲間と歌っていました。本当に仲がよくて、もめたことがなかったです。楽しく、しかし志は高く、ということで、結構難しい曲をじっくりとやってきました。

 昨日も仲間の一人と、金曜の夜に何もないのが慣れないね、という話をしていました。なにか忘れ物をしたような気分になります。

 同じような気分を昔味わったことがあります。わたしは昔銀行員をしていたのですが、出産を機に退職しました(銀行では退行といったと思います)。幼稚園に通いだしたとき以来、毎日どこかに通うという生活から突然解放されて、朝どこにも行かなくていい自分にとまどいました。夏休みとは全然違う感覚なんです。

 銀行で訓練されていたために、電話にはすぐでないと気がすみませんでした。視聴者からの電話受付がある番組では(そう言えば今は、メールやFAXが主になって、そういう番組ありませんね)、なり続けるベルの音に「早く出てくれ~」と叫びそうでした。

 母や妻という役割だけでは嫌だと探し求め、ようやくたどり着いたのが今の職業です。今のところは続けていきたい一番のものですね。

 たかがコーラスでも、もめごとがなくても、10年以上続けるのは大変でした。でも続けるということは本当に力がつくと実感しています。続けてきたことをやめるのは、逆に勇気がいりましたが、残念ながら時がきたのです。

 寂しくても次に進みましょう。

晴れさて、ずっと毎日続けてきたブログですが、明日から3泊4日のワークショップに行きますので、しばしお休みになりそうです。カウンセリングのワークショップは異空間への旅ですので、なかなか現実には途中でもどれません。赤穂にある会場も電波があまりよくないところなのです。28日(水)にはシャバに戻る予定です。少し「この世」的でない記事になるかもしれませんが・・・

写真はたくさん撮ってきますね(^_^)/~  


Posted by いなまつゆか at 17:56Comments(0)

2007年03月23日

さよならパーティーです

 今日は、長年続けていたコーラスグループの解散お疲れさんパーティーです。



 少数ながら、なかなか充実した活動だったのですが、それぞれが忙しくなって、解散とあいなりました。

 さびしいけれど、発展的解散なので、いいかなーと思っています。毎週会わなくなっても、いつまでも仲間だと思える、貴重な存在です。

 今日は歌一杯歌って、ファイナルとしたいですね音符

  


Posted by いなまつゆか at 20:51Comments(1)プライベート

2007年03月22日

空気を味方に

 今世界フィギュアスケート選手権をやっています。昨日の男子のショートプログラムは、転倒した人が続出しました。

 トップレベルのグループになったときに、場の空気が一変したそうです。なんともいえぬ緊張感が漂ったとアナウンサーの人が驚いていました。

 普段わたしたちは、その場の雰囲気を意識していませんが、実は大きな影響を受けています。隣の人が緊張していたりすると、そのドキドキが伝わってこちらも緊張していないのにドキドキしたりするのです。

 カウンセリングも、その場の空気がいのちです。緊張して、つらい思いをされている人がほっとでき、安心していられるような場を整えます。相手の緊張を受けとり、こちらの安心を返していくのです。

 その場の空気を味方にできるかどうかが、大きな鍵になります。勝負がかかった瞬間であればなおさらです。わたしたちもここ、というときに存在をかけて勝負することが少なからずあります。それは、スケートも同じですね。

 今日の高橋選手、すばらしい演技でした。ああすべろう、こうすべろうとする自分をどう越えていくかが、本当にこころに残る演技につながるポイントだと思います。それができたといえる演技でした。空気をつかんだ演技とはそういうものなのかもしれません。

わたしもそういうカウンセリングを日々目指しています。

星カンチさん、コメントありがとうございます。どうぞ、お試しくださいね。  


Posted by いなまつゆか at 21:15Comments(0)カウンセリング・講演等

2007年03月21日

ごまの効力~同じだけ大切に~

 サクラBetchさん、コメントありがとうございます。
 「自尊感情」という言葉がこころに留まったんですね。おっしゃるとおり、たまには自分を大切にすることは、とても大切です。そして、わたしも苦戦しているように、案外むずかしいことなのです。

 ただ、自分だけ大切なのもどうかと思うし、他の人だけ大切にしてしまうのも、しんどくなってしまうし、誰も大切にしないのもすごく傷ついてしまいます(周りも自分もです)。

 つまりは、バランスの問題なのです。それで、わたしは自分も周りのみんなも同じだけ大切にする態度をおすすめしています。そのときに威力を発揮するのが「ごま」なのです。

お皿にごまを広げて入れます。


そして、そのごま一粒一粒が人間だと見立てます。神様になったような気分でお皿のごまをながめていると、不思議とこころが広がっていきます。そしてごまたちに向かっておまじないを唱えます。
「みんなが同じだけ大切」

これを毎日するだけで、みんなを同じだけ大切にするこころが少しずつ育ってきます。

嫌な人からの電話もこれを見ながらだと、ごまのたわごとに思えてきて、なんだか許せてしまうから不思議です。

よければ、やってみてください。  


Posted by いなまつゆか at 18:11Comments(1)こころのケア・メンテナンス

2007年03月20日

自分を親友に

音符印刷してくださるWさんこと「おばおやじ」さん、コメントありがとうございます。「かわいいですよ」っていう気持ちを伝えてくださって、やはりすごくうれしかったし、こころに花が咲いた気分です。


こんな感じ・・・しあわせです。

ちゃんと受け取ることができて、よかったと思います。

晴れ「さんちゃん」さんも、ありがとうございます。「わたしは可愛い」よりも「彼女は可愛い」が広報活動の基本なんですね。なるほど。

 それって、自分だと思わずに彼女だと思うということでしょうか(違ってたら、また教えてくださいね)。それだと、すごくプロデュースしやすいですね。

 そして、おんなじようなことをカウンセリングでやっているなと思いました。

 クライエントさんに、「自分を自分だと思わないで、大切な親友だと思ったら、どんな言葉をかけますか?」と尋ねることがあります。

 そうすると、皆さん、とてもあたたかい言葉をかけてくれます。自分だと思うと許せないことも、親友なら許せるし、やさしくできる。不思議なことですね。

 わたし自身も昔自分を大切にするために、「この子(自分のこと)にご飯を食べさせてあげよう」とか、「休ませてあげよう」と思って行動していた時期がありました。そうやって少しずつ自尊感情(自分を尊重する気持ち)を育てていったのです。

 そういうはたらきかけの大切さを、ふたたび思い出すことができました。
 ほんとうに、ありがとうニコニコ


  


Posted by いなまつゆか at 18:41Comments(1)こころのケア・メンテナンス

2007年03月19日

チラシづくり

 今日は、「ぽれぽれ」のチラシ作りをしました。

 内容は、それほど変わりませんが、髪を切ってしまったので、写真を変えたり、ブログを始めたので、入れてみたりしました。



 毎年全然変わらないのは、残念な気がします。少しでも変っているわたしがいると、「よかった~ニコニコ」と思うのです。

 だけど、ホントは、宣伝は苦手です。自分の写真を貼って配るなんて「とんでもない赤面」って感じです。

 いつか慣れるんでしょうか?そして、それも自分を好きになるってことなんでしょうね。自尊感情(自分を大切に思うこころ)を育てる旅は、長い道のりですね~印刷をお願いしたWさん、「かわいいですよ」と言ってくださってありがとう。でもやっぱり、恥ずかしいです赤面

 でも、仕事ですから、ばんばん送りますよ!!(人格が分裂しそうです)
   


Posted by いなまつゆか at 14:56Comments(2)カウンセリング・講演等

2007年03月18日

外食だ~

 多忙4人組の我が家が、今日は久しぶりに早い夕食をとれるということで、外食に行くことになりました。

 やったー晩御飯作りから解放だ!!



 たまにはいいもんです。しゃべり好きがそろっているので、4人の食事はにぎやかです。昔から、できるだけ4人で夕食をとることを大切にしてきたのですが、それぞれの仕事が忙しくなり、子どもたちが大きくなるにつれ、だんだん毎日とはいかなくなってきました。

 巣立ちが近い今、あと何回みんなで夕食を囲めるかなーと思います。子どもたちが小さな頃は早く楽になりたくて、水をかけたら大きくならないかと思うぐらい、成長を待ち望んでいましたが、今となっては、あっというまでした。

 今子育て真っ只中の皆さん、毎日大変だとは思いますが、たまにでいいので、いっしょにいる今を大切にしてくださいね。  


Posted by いなまつゆか at 21:14Comments(0)プライベート

2007年03月17日

転機です

サクラカンチさん、コメントありがとうございます。

 女の人が髪を切るとはなんの心境の変化か?ということでしたが、あまり色っぽくない話でして。
(基本的に色っぽさとご縁があまりなくて・・・)

 知り合いによると、人間は7年ごとに転機を迎えるとか。割合根拠を求めない人間なので、「へぇ、そうなんだ」と振り返ってみると、7歳、14歳、21歳、28歳、35歳、42歳。そうかもしれない気がしてくるんですよね。

 わたしは今年44歳になったのですが、42歳のときがなかなか大変でした。転機だったのか、と気づいたのは、43歳にもうすぐなろうとしたときでした。すごく納得できたのです。階段の平たいところから、一段上がろうとしてもがいていたような1年だったのです。

 43歳の1年は、それまでのわたしにおさまりをつける一年でした。もうそろそろ終わらせなくてはと思いつつ、情がわいてやめられなかったことも、なんとか終えることができました。人間関係も、グループ活動の内容も大きく変化しました。仕事の幅も広がっていきそうな気配です。

 この春から、新しい枠組みで、進んでいけそうなのです。あらたなステージの始まりです。

 成長することは、得ることでもあり、捨てることでもあります。床に落ちた切り捨てたたくさんの髪の毛が、とても象徴的に思えます。成長痛を乗り越えて、手にした新たな自分で、次の転機まではやっていこうと思います。

 古い自分は捨てましたが、今までできたつながりは、距離ができても、なくなるわけではありません。だからこそ、安心して新たな旅立ちができるのです。

 そうか、髪を切ったのは、わたしの卒業式だったんですね。晴れ
  


Posted by いなまつゆか at 19:20Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2007年03月16日

バッサリ切りました!

 今日は髪を切りに行きました。

 少し前からショートにしようと思っていたのですが、なかなか行けなかったのです。

 「短くしようと思うねん」と娘に言うと、
 「おかあさん、宮沢りえちゃんみたいにしてよ」と娘が言いました。

 「あのなーそれ勇気いるわ。なんか髪型りえちゃんにしたら、りえちゃんになれると勘違いしているみたいに思われへんやろか?」と娘に聞くと、

 「大丈夫!あの美容師さんなら、わかってくれるって」
 「・・・・」

 娘とわたしは、同じ美容院に行っているのです。

 結局勇気を出して、りえちゃんの髪型にすることにし、息子に「これが一番美容師さんにわかりやすいと思うで」という画像を印刷してもらい、その写真を見せて、

 「別にりえちゃんになりたいわけじゃないんだけど、この髪型にしてください」と告白。
すごく言い訳がましいですよね。

 しかし、娘の予想通り、わたしの意図をわかってくれた美容師さんは大笑いすることも、あわれんだまなざしを向けることもなく、ちゃんと切ってくれました。さすが、プロですね!!

 完成して、りえちゃんには似ても似つかないけれど、確かに写真どおりの髪型のわたしが鏡に映っていました。


恥ずかしい赤面から小さく載せます。

 うーん、でもすっきり軽くなって満足満足。
 今日からまた、リニューアルしたいなまつゆかでお送りします。

ハート「わっち」さん、「みっちゃん」さん、誠実なコメントどうもありがとうございます。こうやって、一人でも多くの人がわが事として、考えることが大切なのだと思います。  


Posted by いなまつゆか at 19:45Comments(1)プライベート

2007年03月15日

いじめについて

 今日朝の情報番組「とくダネ!」をみていたら、携帯サイトを使った子どもたちのいじめが取り上げられていました。

 大人がついていけない、介入しかねている世界で、陰湿ないじめが暴走しているようです。

 「部屋に一人でいるときの自分」というのはてごわい。歯止めがきかないからです。みんな心の中に人を攻撃したくなる気持ちを少しは持っているでしょう。最初にそれを思いとどませるのは、まっとうな人の目のちからです。

 安定している大人がいいこと、悪いことを子どもたちに教えていく中で、だんだん自分をうまくコントロールしていくすべを身につけていきます。

 ところが、大人が子どもに自分の感情をぶつけていると、子どもは大人の機嫌を損なわないことだけを考えて、動くようになります。そこに善悪はありません。大人の暴力を受けないように防御しているだけなのです。そして、その暴力はさらに弱いものへと移っていきます。

 だって、いらいらしたら、自分より弱いものに暴力をはたらいて、うっぷんをはらしたらいいと大人に教わっているのですから。

 誰が悪いという問題ではありません。その大人たちもおそらく、小さい頃から、なんらかの暴力をうけて育ったことでしょうから。彼らも被害者なのです。

 悪者をみつけてバッシングしても、解決にはなりません。誰か一人のがんばりで解決できることでもありません。みんなができることを探していきましょう。

 人を攻撃したら、その刃は相手だけではなく、自分を傷つけます。他の誰もみていなくても、ひどいことをしている自分を自分はずっとみています。そしてひそかに傷ついているのです。

 人はだませても自分はだませません。

 そのことを伝えたいと思います。

   


Posted by いなまつゆか at 17:16Comments(4)子育て・自分育て

2007年03月14日

指輪に泣いた

 今日はオフでした。



 久しぶりに映画「ロード・オブ・ザ・リング3」を見ました。この映画は大好きで、もう何度見たことかわかりません。

 そもそもは、子どもがオープニングセールをしていたレンタルショップで100円で「1」を借りてきたのが最初でした。何も知らずに見たら、終わったというのに「え?続きがあるやん。こんなところで終われへんわ」ということで、それ以来2からは封切と同時に映画館へ行くし、DVDはそろえるし・・・安さに飛びつくと、高くつきますね~金貨

 ですが、悔いはありません。だって名作ですから。何度見ても泣けてしまいます。今なお多くのシーン、数々のセリフにはげまされ、支えられているのです。

 特に主人公のフロドを支えるサムの姿にはこころを動かされます。カウンセラーとはこのような仕事だと思うからです。

 主人公の仕事や功績は決して奪わずに、サポートに徹する。こういう黒子的な存在に魅力を感じてしまうんですね。そして、こうあらねばと思います。

 サム、あんたはすごいよ~わたしはちゃんとあんたのはたらき、見とどけたからね、などとエールを送ってみたりして。きっと自分自身を励ましてるんですね。

 いっぱい涙を流して、すごくいいリフレッシュになったような、つらい旅路に疲れたような。でも、明日からまた、なんとかやっていけそうな気がしました花まる

  


Posted by いなまつゆか at 19:53Comments(0)プライベート

2007年03月13日

高校生たちに向き合って

 クローバー佐用のひでぼんさん、コメントありがとう。そして、お疲れ様でした。

 そう、10日兵庫県横断の日は、佐用町で高校生の人たちとワークをしたのでした。
 
 かつて高校生だった人も、少し振り返ってみるとそうだったなーと思うと思うのですが、人前で何かするのはとても恥ずかしい年頃です。

 それを声を出せだの、感想を述べよ、だのいろいろ嫌がりそうなことをやってもらいました。「えー」、とか「難しい」、とか言いながら、それでも果敢にチャレンジしてくれました。みんな、えらかったねー拍手

 こちらも、ちょっと酷かなとか、大丈夫かな、と少し心配しながらすすめていきました。

 ですが、少し嫌な体験というのはとても大切だと思っています。意地悪でやっているのではありません。これから生きていく上で、大切だと思う体験だからこそ、やってもらっているのです。向き合う大人が子どもたちの「いや」にひるまない態度が大切です。

 「ちょっと嫌なことや恥ずかしいことができるわたし」を作っておくことはとても大切です。なぜなら、成長はたいてい「嫌なことをする」「恥ずかしいことをする」ことから始まるからです。スケートがうまくなりたかったら、たくさんころぶ経験をする必要があります。

 人の役に立ちたいという素晴らしい志や才能を持ちながら、途中で挫折していく人たちをたくさん見てきました。こんな嫌な思いをするならやめる、というのが理由のことが多いのです。もったいないとつくづく思います。

 嫌なこと、つらいことなしに成長することはできません。楽しくて楽なことばかりして、本当の意味で人の役に立つというのも、ゼロではないと思いますが、難しいと思います。

 嫌なことでも恥ずかしいことでも、自分のやりたいことのためなら、我慢してやってみようという強いこころを若いうちに養っておいたら、きっと将来役に立つことでしょう。


ピースも、大好きなガムを食べるのを、嫌々ながら少々がまんです。いや、ちょっと違うか・・  


Posted by いなまつゆか at 17:11Comments(0)子育て・自分育て

2007年03月12日

子どもが評価されるとき

 卒業・入学・入社シーズンを迎え、子どもたちがさまざまな評価を受けるときですね。

 どうしても、子どもの評価は、即、親の評価だと思いやすいですね。確かに、育て方は影響するでしょうが、親が子どもを思い通りにできるわけではないし、またしてもいけないことですから、親の育て方がすべてだとはいえません。まずは子どもと自分を分ける努力が必要ですね。とても難しいことです。

 評価されること自体が、悪いことだとはおもいません。うまく利用すれば、努力をするいい機会になります。いい評価が出たり、悪い評価を受けたりすることが、耐える力を養ってくれますし、人生にとてもいいメリハリをつけてくれるでしょう。

 わたしがこういう機会にエネルギーをさくのは、不合格などのマイナスの評価が出たときに、だからといって、存在価値が減らない、つまりその子がだめな子ではないということと、マイナスの経験も決して無駄ではないし、むしろ未来に生かしていくことが大切だということを、どのように伝えていったらいいかということです。

 ただ言葉にするだけでは、伝わらない上に、うわすべりしてしまって、ただのなぐさめになってしまうおそれがあります。

 やはり普段から、子どもがどういうことをしても、どんな評価をされても、存在だけは否定しない態度を持っていることが大切でしょう。そうしたら、存在を尊重しあう関係を基本にしたうえで、悪いことをしたら行動をたしなめ、よいことをしたらその行動を喜ぶことができます。

 それ以前に親自身も、なにがあっても自分は尊重される存在だということを自らに伝え続ける必要があります。

 この世にいなくていい存在なんて、なにひとつないのですから星  


Posted by いなまつゆか at 19:42Comments(0)子育て・自分育て

2007年03月11日

ワークショップへのお誘い

 普段は忙しくてじっくり考えを深めたり、自分の生き方を考えてみたりすることのあまりない皆さん、そして、そういうことを考えてみることがある皆さんも、兵庫県カウンセリング協会主催のワークショップ「兵庫県カウンセリング研究会」に参加されませんか?

 赤穂の豊かな自然に囲まれたなかでサクラ、ゆったりと自分を見つめなおすいい機会です。黙るもよし、思いを人に伝えるもよし、日常では得られないたくさんの出会いと不思議な感覚ハートをぜひご体験ください。

 期日:H19年3月25日(日)~28日(水)(3泊4日)
 会場:赤穂ハイツ
 詳しくは兵庫県カウンセリング協会をごらんください。

いなまつも世話人及びファシリテーター(グループを円滑にすすめる役割の人)をしております。

たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。  


Posted by いなまつゆか at 20:33Comments(0)カウンセリング・講演等

2007年03月10日

走った走った

 今日は、ひとぢからのしょうちゃんと、9時30分から15時まで佐用町で仕事でした。その後、今度は尼崎へ移動しました。尼崎でワークショップがあったのです。それに参加して、帰ってきたら、21時前でした。

 兵庫県の西から東まで全部車で移動したので、結構疲れましたが、なんだか達成感がありましたgood

 成長しようと思うと、なにか特別なことをしないといけないという気分になりますが、実は移動距離を伸ばすだけで、育つのです。

 あかちゃんがだんだんいろんなところに出かけていくようになり、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、社会人と、成長するにつれて、行動範囲が広がっていくのとちょうど反対で、行動範囲を広げると、自然と意識の範囲が広くなるので、成長するのです。

 「可愛い子には旅をさせろ」とは、よく言ったものですね拍手  


Posted by いなまつゆか at 21:53Comments(1)子育て・自分育て

2007年03月09日

は~よかったです

 今日はパソコンの調子が悪く、今やっとつながりました。なき

 先行きが読めないと、人間不安になりますね。少しでも見通しがあれば、同じ状態でも耐えられるのですが。イライラしてはいけないと思いつつ、イライラの大波小波がやってきます。

 そういう状態では、何をやってもいいことないので、しばし休憩していました。こんなに困っているのに、わたしも3秒で眠れてしまいます(ありがとう、サンチャンさん。お仲間ですね)。

 ひと寝入りしてから気を取り直して、ふたたび取り組んだら、なんとかつながりました拍手。やはりブレイクは大切ですね。

 今日は無理せず、このあたりでおいておきましょう。

  


Posted by いなまつゆか at 22:44Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ