2007年04月16日

「医龍」を読んで

 今マンガ「医龍」を読んでいるのですが、今日はとても感動しましたなき。ドラマ化もしていましたね。でも、見ていなかったのです。

 簡単に言えば、技術も医師としての態度も一流の心臓外科医が、大学病院の常識を次々打ち破り、患者さんを救っていく話です。

 「患者さんを最優先し、医師としてベストを尽くす」ということは当たり前のことですが、組織のしがらみのなかにあって、その当たり前を貫いていくことがいかに難しいことかと思います。

 技術のすばらしさももちろん、対人援助職としての基本を守りきる勇気にこころが震えました花火。そして、いい仕事をすることが腐りきった組織や人をよみがえらせるのだと思えました。わたしもそうありたいと、切に思います。

 マンガだけれど、そして現実は厳しいのだけれど、わたしにはおとぎ話ではなくリアルに感じました。  


Posted by いなまつゆか at 19:44Comments(1)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ