2007年04月26日

末っ子にはつい・・

 プレゼント澤田さん、コメントありがとうございます。

 そう、ピースは我が家では末っ子なんですね。ついつい甘くなってしまいます。とはいっても、所詮犬ですから、自立することもないですし、わたしたちより長生きはしないでしょうから、まぁまぁ、そこそこ、しつけられていたら、問題ないわけです。

 でも、人間はそうはいきません。末っ子でも大人になれば、自分の力で生きていかなくてはならないのです。

 何番目の子どもとして生まれてきたかというのは、結構大きな問題です。

 一番上の子は「お兄ちゃんだから」「お姉ちゃんだから」と責任をもたされがちです。それは、責任感を養うにはいい環境ですが、度が過ぎると、人に頼るのが難しい子になってしまいます。小さい頃は大人に甘えることも、大切な経験です。たまには、お兄ちゃん、お姉ちゃんもたっぷりと甘えさせてほしいものです。
 
 真ん中の子は、谷間になりがちで、親の注意が向きにくいです。実際、上の子を見ていて、上手に親を扱う方法や、うまく世間を渡る技術を持っていますので、しかられることも少ない、手のかからない子が多いのです。しかし、真ん中の子も愛情が必要なのは同じこと。意識して注目してあげてください。

 下の子は、いつまでたっても可愛い子、守ってあげたい子という印象が抜けません。ですから、たまにはあえて責任を持たせることも必要です。自分より年下の子と関わらせて「お兄ちゃん、お姉ちゃん」気分を持ってもらうこともいいことだと思います。

 これは、だいたいの傾向で、すべての人のあてはまるわけではありません。しかし、そうなりがちであることを知っていると、足りない部分を補うことで、バランスよく育てていくことができるのです。  


Posted by いなまつゆか at 19:37Comments(1)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ