2013年07月30日

知らないことの悲劇〜やけど虫の意外

 NHKの番組「あさイチ」で、冒頭に「やけど虫」のことが取り上げられていました。


「アオバアリガタハネカクシ」という体長7ミリほどの昆虫です。全国に生息し、夏に多く発生。黒とオレンジの体色が特徴的です。体液に有毒成分が含まれるため、潰すなどして体液が皮膚につくと、ヒリヒリとした痛みとミミズ腫れを生じ、次第にうみがたまってきます。炎症は10日から2週間ほどで徐々に鎮まり、通常は1か月程度で完治します。(あさイチHPより)


 お尻に針のようなとんがったものが二本出ているので、いかにも刺される感じがすごくあるのですが、意外なことに、刺さないし、臆病な虫なのだそうです。

 だからつぶさないように、振り払ったり、叩いたりしないで、息で吹き飛ばしたり、服から追い出してあげればいいのです。


 やけど虫の方も、パニックになってしまうんですね。



 やみくもの怖がらず、偏見や思い込みを持たずに。相手のことをよく知ろうとすることは、大切なことですね。


 潰された、やけど虫もかわいそうだし、腫れた自分もつらいし。


 いざというとき、ちゃんと対応できるか、不安にはなりますが、知らないより、知っている方が、安全性は増します。

 「やけど虫かも」と思うだけで、違いますから。


 もし、潰してしまった場合の対応も、合わせて知っておくと、悪化しなくてすみます。


 強面の人も、ぶっきらぼうなおじさんも、能面のようなお姉さんも、知ってしまえば、案外安全なのかも。

 一皮むいてしまえば、楽しくて、おもしろい人だったということもありますね。


 知らないと、もったいないです。


 

 草が生えているようなところに、いるらしい。


 


 


 
 



クリックよろしくお願いします。
↓↓↓
同じカテゴリー(コミュニケーション)の記事画像
脅威を感じる相手に負けないためのイメージトレーニング
今、できること
新しい環境になじみやすくなるイメージ
苦手な人と、そこそこうまく付き合う、おもしろい方法。
ほめられたら、どうするか
自分がどうしたらいいのか、自分でもよくわからなくなるときに、どうするか?
同じカテゴリー(コミュニケーション)の記事
 脅威を感じる相手に負けないためのイメージトレーニング (2016-05-17 10:50)
 今、できること (2016-04-17 15:09)
 新しい環境になじみやすくなるイメージ (2016-03-13 19:54)
 苦手な人と、そこそこうまく付き合う、おもしろい方法。 (2016-02-28 19:08)
 ほめられたら、どうするか (2016-02-15 21:17)
 自分がどうしたらいいのか、自分でもよくわからなくなるときに、どうするか? (2016-02-13 18:46)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ