2016年05月09日

意味もなく不安になるときに、どうしたらいいか

こんにちは、加古川明石・魔法を科学する人生再生カウンセラー いなまつゆかです。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら

希望


地震が起こり、気圧や気温の差も激しく、不安定な空気が漂っています。

雰囲気に敏感な方は、特に意味も理由もなく、不安になるときがあるでしょう。


そんなときは、どうしたらいいのでしょうか。

真正面を見て、黒目だけを上に向けましょう。

「大丈夫や。なんとかなる。しらんけど」と言いましょう。


しらんけど、は大阪人の常套句です。

この無責任さが、気楽でいいのです。


できる備え、できる対策は打ちましょう。

しかし、わたしたちにはどうにもならないことも、たくさんあります。


どうにもならないことを、どうこうしようとしないことです。

希望を持つような姿勢、言葉遣いをしましょう。

それが、希望に満ちた、明るい展開を呼ぶからです。


意味もなく不安になるときには、

上目遣いにになって、「大丈夫や。なんとかなる。しらんけど」と言いましょう。


読んでくださって、ありがとうございました。

*魔法の言葉シリーズはブログを引っ越しました。よければ、こちらもお読みください。ほぼ毎日更新しています。

カウンセラーいなまつゆかの、考えや心理に興味がある方はこちらをご覧ください。エッセイやこころと親しくなる物語を書いていきます。



カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら
  


Posted by いなまつゆか at 17:16Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ