2015年08月28日

子どもが悪い道へとそれないための、魔法の言葉

こんにちは、加古川明石・魔法を科学するカウンセラー いなまつゆかです。

こころに、いい影響を与える言葉とイメージを、魔法としてお伝えしています。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら

希望のカード


勉強会でした。

日本人は、もともとモラルが高かったとと言われています。

ずい分崩れたと言われていましたが、震災後、多くの人々が、強奪もせずに整列する姿に、世界中の人々がこころ打たれました。


その理由が、「見られている」という感覚だという話でした。


「世間がみている」

「誰もみていなくても、お天道さんはみている」


そう言われると、安易に悪い事はできません。


人の視線ばかり気にして、自分らしく生きられないのは残念です。

しかし、「誰も見ていないから、何してもいいんだ」と思うように育つことも、よくありません。


人と同じでなくていいから、あなたらしくていいから、

誰に見られても恥ずかしくないような生き方をしよう。



そう伝えたいものです。


そんなことでは、要領悪く、世間を上手に渡っていけないのではないかと心配になるかもしれません。


ズルをしたり、悪いことをして、成功をしたとしても、

そして、それが誰にもばれなかったとしても、

だませない存在が、お天道さんの他にもう一人あります。


それは、自分自身です。


ズルをした罪悪感が、意識的にか、無意識的にか、人生に暗い影響を与えることになるでしょう。

はたから見た成功が、その人のしあわせにつながるとは限りません。


子どもさんが、悪い道へとそれないように、幸せな人生を歩むことができるように、

「お天道さん(もしくは神様、仏様、宇宙、ご先祖さま、天国のおばあちゃん)が、見ているよ」と、繰り返し言ってあげてください。



読んでくださって、ありがとうございました。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら
  


Posted by いなまつゆか at 18:38Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ