2015年07月25日

何をやってもうまくいかない時に使う、魔法の言葉

こんにちは、加古川明石・魔法を科学するカウンセラー いなまつゆかです。

こころに、いい影響を与える言葉とイメージを、魔法としてお伝えしています。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら

希望のカード


何をやってもうまくいかない時、ありますね。

そういう時は、判断が裏目裏目に出てしまいます。


言うと、「言わなければよかった」と思います。

黙っていれば、「なんで、ちゃんと言わなかったんだろう」と後悔します。


それは、調子が悪いからなのです。

人はいつも調子よく生きられるものではありません。

自然にリズムがあるように、人にもリズムがあります。

人も自然の一部だからです。


下がり調子の時に、どうしたらいいのでしょうか?


「調子が悪いのに、よくやっている」と言ってあげてください。


そして、無理しないようにします。

できる最低限のことだけをやりましょう。


一流のプロのピッチャーは、調子が悪い時、1、2点の失点で抑えます。


もちろん、打たれないに越したことはありません。

しかし、力んで、ボコボコに打たれるよりは、最低限に抑えた方が、ずっといいのです。


辛抱にやっているうちに、味方が点をとってくれるかもしれません。

まわりに頼ることも、実力のうちです。


辛抱して、そこそこやっているうちに、調子が上がってきます。

その時は、しっかり働きましょう。


何をやっても、うまくいかないなあと思ったら、

「調子が悪いのに、よくやっている」と言ってあげてください。


読んでくださって、ありがとうございました。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら  


Posted by いなまつゆか at 18:47Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ