2015年06月19日

子どもに問題が起きたときに、親がとる態度とは

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら

希望のカード


子どもがトラブルを起こした。

学校に行けなくなった。

いじめられた。


子どもさんに何か問題が起きたとき、親はどういう態度をとったらいいのでしょうか。


何か、育て方が間違っていたのだろうか。

子どもがだめなんだろうか。


いろいろ考え、自信をなくしてしまいそうになりますね。


接し方や考え方などは、変える必要がある場合があります。

しかし、それは、誰かがだめだから、ではありません。


問題への対応法が、合っていないからです。


自分を誰かを批判したり、責めたりするのはやめましょう。

逆に誰かに、何か言われないかと、おどおどするのもよくありません。


大事なのは、

胸をはり、堂々と、どっしりとすることです。

子どもさんに安心と信頼を与えることができます。


どうしていいかわからなければ、他に頼ってもいいのです。

その一方で、「この子は大丈夫。この子には力がある。その力を発揮できるよう、全力でサポートしていこう」という言葉を自分に言い、胸をはるのです。

この言葉がけと姿勢が積み上がっていき、強い信念に変わります。


どの人にも力があり、どの人も一人では生きていけません。

ご本人が取り組むべきことで、今できることはやってもらいます。

その支えをしていきましょう。


読んでくださって、ありがとうございました。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら
  


Posted by いなまつゆか at 21:09Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ