2015年06月14日

物を大切にしたくなる、楽しい方法

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら

愛のカード


物を大切にしようと思っても、忙しいと、ついついぞんざいになりがちです。

大人が荒い扱いをすると、子どもたちも真似をします。


子どもさんには、物を大切に扱ってもらいたいですね。

お説教や正論は効果がありません。

どうしたらいいのでしょうか。


物を大切にしたくなる、楽しい方法をお伝えしましょう。

物に名前をつけるのです。


我が家には、緑色のバランスボールがあります。

そのボールには、「みどりちゃん」と名前がついています。


コロコロと転がっていくと、「みどりちゃん、どこ行くの?」と声をかけます。

貸してほしいときは、「みどりちゃん、貸して」と言います。

ばかげていると思うかもしれませんが、これが結構いい効果があるのです。


名前をつけるだけで、なんだか可愛くなって、物扱いができなくなるのです。

みどりちゃんは、大人二人の生活に、楽しさを与えてくれます。


他にもあります。


お化粧しない歴51年だったわたしですが、最近お化粧をするようになりました。

そのお化粧品に、それぞれニックネームをつけて、ちゃんづけで、

「いつも、うるおいを肌にくれてありがとう」

「肌を白くしてくれて、ありがとう」とお礼を言いながら、塗っています。


名前をつけると親しみと大事にする気持ちがわいてきます。

感謝しやすくなり、楽しくなってきます。


小さい子どもさんには、

「積み木の◯◯ちゃんを、放り投げたら痛くて、かわいそうだよ」と言ってあげてみてください。

お片づけのときには、「◯◯ちゃん、遊んでくれてありがとう」と大事にしまってみてください。


感謝して、大事にする態度を身につけられるようになります。

何か一つでもいいので、ぜひ、試しに名前をつけてみてください。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら  


Posted by いなまつゆか at 18:34Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ