2015年06月02日

頭でわかっていても、どうにもならない理由

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら

カード愛


心理療法に詳しい方が相談に来られる時があります。

今は、すぐにネットで調べられるからです。


しかし、ネットで調べても、どういう行動をとればいいかわかっていても、どうにもならない時があります。

だから、うちに来られるのです。


では、カウンセリングでは、どのようなことをするのでしょうか。


お話をじっくりと聴きます。

相談に来られた方の状況やこころを理解しようとします。

そして、解決策を見つけるお手伝いをします。


ぽれぽれでは、その他、イメージトレーニングや音楽、箱庭療法なども使っています。


それでは、カウンセリングはどこでするのだと思いますか?

カウンセリングルームですね。

まあ、そうなのですが、本当の意味で、わたしがはたらいているのは、ルームではありません。


わたしのフィールドは、こころの中です。

お話を伺いながら、感じる力や想像力を使って、相手の方のこころの中にお邪魔するのです。

そのこころの中で、相手の方の立場で理解しようとしたり、解決につながるヒントを見つけたりします。


こころの世界は、どのようなものなのでしょう。

一番近い世界は、ファンタジーの世界です。


「ファンタジーなんて、子どもっぽい」と思われるかもしれませんが、見えないこころの世界をあなどると大変なことになるのです。

ですので、心理学者の河合隼雄先生は、お話やファンタジーの大切さを、長年訴えてこられました。


こころの世界のバランスが崩れると、現実の世界も乱れてきます。

こころを無視して、現実だけでなんとかしようとしても、なかなかうまくいきません。


頭では行った方がいいとわかっていても、どうにも学校に行けない。

手に問題がないのに、震えて字が書けなくなる。

話さなくてはと思っても、声が出ない。


こころの問題を、頭で解決しようとするからです。

こころの問題は、こころでなんとかしていく必要があるのです。


そのためには、ファンタジーやお話を読むことが、とても助けになります。

大変な時にそれどころじゃないと思うかもしれませんが、ご自身のこころの世界、ファンタジーを大事にして、理解を深めてもらったなら、こころが回復していきます。

カウンセリングは、その手助けをしているのです。


ですので、これからはファンタジーの要素も大事にしながら、ブログを書いていきます。


カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら
  


Posted by いなまつゆか at 17:35Comments(0)カウンセリング・講演等
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ