2015年05月20日

家族がうつや不登校になったとき、どんな態度で臨むか

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら

海からみた光


夫がうつになった。

子どもが学校に行けなくなった。


家族がピンチに陥ったら、どうしたらいいのでしょうか?


実は、「普通の態度」をとるのがいいのです。

普通って、なんでしょう!


腫れ物にさわるようでもなく、やいやい言うでもない。

嘆き、わめかない。

ほったらかしにもしない。


難しいですね。


「おはよう」

「暑いなあ」

「鳥が鳴いていたよ。可愛かった」


そんな、何気ない会話をしましょう。


決断や判断がいるような会話はこころの負担が大きいのです。

やむを得ない場合は、助けてあげながらするしかありませんが、できるだけ減らしましょう。


こころに負担がなく、コミュニケーションが絶たれにくい会話をこころがけます。


わかっていても、そんなのできない!

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。


騒ぐこころを沈め、落ち着きや穏やかさを取り戻す方法をお伝えしましょう。



呼吸をゆったりさせます。


言葉を唱えます。


「大丈夫、大丈夫、なんとかなる、なんとかなる」

「◯◯さん(家族の名前)には、生きる力がある」



「ありがとう、愛してる」

「わたしたちには、神様(仏様、宇宙、世界のみんな・・違和感のなく、見えない大きなものを選んでください)がついている」


落ち着いてきたら、「今日、少しがんばればできることはなんだろう」という視点で、ご家族がやれることを一緒に探してみましょう。

できそうなら、朝のお散歩はおすすめです。

簡単な家事なども、いいでしょう。


気持ちを話してくれる感じになってきたら、じっくり聴いて、気持ちを受け止めてあげてください。


お互いに、100点を目指さず、がんばりすぎないことが大事です。

家族以外にも、頼れるものはないか、探しましょう。


助けてもらいながら、今日やれることを積み重ねることが、未来の希望につながります。



カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら
  


Posted by いなまつゆか at 18:09Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ