2015年05月18日

キレやすい子どもに対応する、大事なポイント

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら

青空と太陽


NHK「あさイチ」のテーマが、「”キレる”子どもにどう接する?」でした。

対応は、実は、すごく珍しいことではありませんでした。


キレそうになったら入るための、落ち着いて一人でいられる狭い場所を作ってあげる。

大人が命令口調をやめる。

事情や気持ちをよく聴く。


朝早く起きて、朝日をあびて、運動する。

学校に来て、自分たちで前日決めた遊びをまずやる。

短所を長所に変えるワークを友達同士でやって、自尊感情を育てる。


つまりは、

朝起きて、日光あびて、思いっきり楽しく遊んで、大人に自主性と存在を大事にしてもらう。

ということですね。


キレやすい男の子のトレーニングをしているVTRを観ていて、「あ〜、ここポイントなのに、惜しい!」と思ったところがあります。

それは何かといいますと、


お母さんの声がけの仕方なのです。


階段の踊り場にカーテンで仕切りを作って、一人で落ち着ける場所をキープしてもらいました。

そこは、彼自身が選んだ場所なのです。


いつものように、しつこい妹にキレそうになって、踊り場で気持ちを落ち着けました。

少し落ち着いてきて、リビングに戻り、ソファの背もたれに寝そべる彼に、お母さんは、少しきつい口調で、

「落ち着いたの?」と聞きました。


たぶん、キレることがしょっちゅうで、うんざりなんでしょうね。

気持ちわかります。


しかし、もしここで、

「キレそうになったのを、落ち着かせてきたんだね。よくがんばったね」と、やさしい声で認めてあげたらどうでしょう?

キレることより、その気持ちをコントロールする方が、ずっといいことがあるという経験ができるのではないでしょうか?


この子、えらいなあ。

すごく努力してるなあと思いました。

そこを理解し、認めてもらったら、さらにすばらしいのに、と思ったのです。


努力をし始めた時に、認めてもらえなかったり、要求をあげられて、「もっと、こうしなさい」になることが、結構多いです。

そして、挫折してしまいます。

やったかいがないからです。


トレーニングをやり始めた時が、続くか続かないかの重要なポイントなのです。


もちろん、このポイントがすべてではありません。

彼とこのお母さんは、本当にすばらしくて、取り組みを続けられたことで、切れることはなくなったそうです。


イライラをおさめ、キレるのを食いとどめる。

簡単なことではありません。

大人でも難しいことです。


子どもだって忙しく、ストレスフルな時代です。


難しいことを、一生懸命やろうとしている気持ちを理解し、認めてあげて、サポートしてくださったらと思います。


カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら
  


Posted by いなまつゆか at 17:40Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ