2015年05月06日

休み明けを楽しく乗り切るための3つの方法

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら

子ども消防士

ゴールデンウイーク、いかがお過ごしだったでしょうか?

楽しく遊んだ分、休み明けがつらいという方や、お子さんがそうだという方に、楽しく乗り切る方法をお伝えします。


1.とっかかりをよくする

動き始めが一番つらいので、「これならできる」と思いやすいよう、動きを細かく分けます。

「さあ、起きよう」
「はみがきをしよう」

「笑顔になろう」
「洋服を着よう」

「~しなくてはならない」では、やる気がどんどんなくなります。

「~しよう」と小さな動きを自分に命令して、動かしていきましょう。



2.楽しいしかけをする

行った先、職場や学校を、楽しいものにする工夫をします。

付箋やノートなどを好きなキャラの文房具を使う。

思わずニコニコしてしまいそうな写真を持って行き、時々観る。

思い出すと、つい笑ってしまうというようなネタ(話)を思い出すようにする。

ちょっとしたしかけで、脳は楽しいと思い込みます。

脳を上手に錯覚させましょう。

3.ご褒美をあげる

小さなお子さんなら、がんばって行った印の、大好きなキャラのシールをカレンダーに貼る。
好きなメニューを夕食にする。

自分には、リマインダーに、「お疲れ様。よくがんばりました」と入れて、帰って来る時間にセットする。

子どもさんになら、「よくがんばったね」と言って、抱きしめてあげましょう。

行くかいがあるように、工夫してあげてください。


職場や学校が嫌なものと決め付けず、楽しいものだと決めてしまうと、何かと楽しいことが見つかります。

もちろん、無理は禁物です。

無理せず、できる範囲で、ぜひ、工夫してみてください。


カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら
  


Posted by いなまつゆか at 19:09Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ