2015年05月02日

親の言葉に縛られて、動き出せない時

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら

塔


GWだったので、DVDで、「塔の上のラプンツェル」を観ました。

王女ラプンツェルをさらい、塔の上に隔離した魔女が使う言葉は、まさしく呪いです。

嫌味なことを言っては、冗談だという。

自分の支配下から出ないように、外は危ないから、あなたが傷つくからと言う。


呪いの言葉は、相手の自尊感情を損ね、自信を奪います。


あなたのためといいながら、自分の言うことをきかせるために、諭すようなことは、実の親でも、十分にありうることです。


子どもが自立したら、自分から離れてしまう。

だから、「あなたは能力が低いんだから」「外に出て、やっていけないんだから」と言って、自分から離れないように洗脳してしまう。


子どもたちは、母の束縛が重いと思っても、自信が育っていないので、依存せずにはいられません。


自分がそのような親ではないかと感じることができたなら、がんばって、束縛する言葉をやめましょう。

その先に幸せはないからです。


逆に、自分がそのように育ったとわかったら、どうすればいいのでしょうか?


ラプンツェルのように、勇気を出して、この縛りから飛び出しましょう。

「わからないので、教えて下さい」

「助けてくださって、どうもありがとうございます」

「ご迷惑をかけて、ごめんなさい」


お願いと誤りと感謝の言葉を使えれば、支配から抜け出し、外の世界で生きていけます。

大丈夫、大丈夫。

宇宙が、自分を守ってくれる。


そう言葉を唱えて、たくさんの人に助けてもらいながら、広い世界を体験していきましょう。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら
  


Posted by いなまつゆか at 20:07Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ