2015年03月14日

時間になったら、ゲームをやめられるようになるために

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら

兵庫県三木市で仕事でした。

三木市市民ふれあい部子育て支援課主催で、テーマは、

「思春期の子どもとの楽しいコミュニケーション〜戦略的子育ての勧め〜」でした。

戦略的にすると、かしこく、ストレスがたまらない、楽しい子育てになります。

ゲームをする男の子たち

たとえば、「ゲームがやめられないこと」を、なんとかしたいとします。


まずは、ゴールを決めましょう。

否定的に決めないことが大事です。

ゲームがやめられないこと」をなんとかするのではなく、「ゲームの時間をコントロールできるようになる」というような設定の仕方です。


そのゴールに向かって、よいと思われる方法を試します。

大切なのは、やってみてどうだったかをよくみて、検証し、続けるのか、修正するのかを決めていくことです。


終わりの時間になったら、ベルをならす。

そこでやめられたら、シールをカレンダーに貼る。

シールがたまって、10個になったら、夕食が好きなメニューになる。

100個になったら、新作ゲームや前から欲しかった他の何かを買うことにする。

などなど、たくさんアイデアを考えます。


こちらから一方的に決めないようにしましょう。

思春期は、上から言われるのが、とくに嫌な年頃です。

自分で選んでもらうと、ストレスが少なく、効果的です。

このままで本当にいいのか、何で行き詰まっているか、何時に始めて、何時に終わるか、何を報酬にするかなどを紙に書きながら話し合うといいでしょう。

主体的になってもらいやすくなります。


戦略的になるには、まず相手をよく知ることが大切です。

相手にヒットする方法を試した方が効果的だからです。


子どもさんのことをよく知るために、話をよくきき、好きなものを教えてもらいましょう。

うまくできたら、「できたね。すごい」と認めてあげてください。


大きくなっても、人に認めてもらうとうれしいし、もっとやろうという気になります。

ぜひ、親も子も楽しめる、戦略的子育てにチャレンジしてみてください。


カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら  


Posted by いなまつゆか at 21:14Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人
オーナーへメッセージ