2015年03月04日

思春期の子どもとどう付き合ったらいいのか?

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら


希望の光


子ども扱いすると、怒る。

大人扱いすると、寂しがる。

テンション高く笑い転げるかと思うと、怒ったり、泣いたり、ブスッとしたり。


思春期を迎えた子どもさんとのお付き合いは、なかなかやっかいで、手ごわいです。

心理学者の河合隼雄先生がおっしゃるには、

子どもという小さなお家をいったん取り壊し、大人という家を建て直す時期なのです。



その大変さを理解しつつ、いけないことはいけないと、壁にもなる必要があります。


ぶつかられても、「だめなものだめ」としっかり立ちはだかることで、石が転げ落ちるようにさまようのを防ぐことができます。

その一方で、甘えたいときや、つらいときは、寄り添うことも大事です。


揺れ動く子どもさんをみていると、不安になるかと思います。


この子は、大丈夫。

大人という、立派な家を建てようと、必死なんだ。

絶対にすばらしい家が建つ。


そう思ってあげてください。


「おはよう」

「ありがとう」

「寒いね」


ふだんは、すねていようと、ハイテンションであろうと、こちらは、普通の何気ない言葉をかけましょう。


小さな一言一言が、じんわり効いてきます。


あの時はむちゃくちゃ大変だったけど、なんだったんだ?

という日がいずれやってきます。


だけど、思春期の大変なときでも、子どもと少しでも楽しい関係を持ちたい!

そうですよね。

この時期は大変でしたが、楽しかったですし、大きく成長するときでもあったので、おもしろかったです。

楽しむためには、よくみて、よくきいて、よく感じる。

戦略的になって、効果的で楽しい策を打つことが大事です。


思春期の子どもさんと楽しく付き合いたい方のために、このたび、兵庫でお話します。

「思春期の子どもとの楽しいコミュニケーション」
〜戦略的子育てのすすめ〜


3月14日(土)13:30〜15:30
兵庫県三木市立教育センター 4階会議室にて

無料ですし、三木市の方以外でも参加できます。

お問い合わせは、「三木市市民ふれあい部子育て支援課 家庭支援グループ」(TEL 0794-82-2000)まで


今まさに当事者です!という方も、いずれ来るその日のために準備をしようという方も、ぜひご参加ください。


カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら  


Posted by いなまつゆか at 18:53Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人
オーナーへメッセージ