2015年02月28日

笑顔でカウンセリングを卒業できる3つの条件

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら

桜と写真


年度終わりが近づくと、カウンセリングも卒業なさる方が増えます。

大学への進学など、節目を迎える人たちがいるからです。


最初、悲壮感を漂わせてこられた方が、笑顔になって、卒業なさるのを見届けるのは、至福の瞬間です。


笑顔で、満足して終了する方の特徴があります。

1.目標がはっきりしていて、食い違いがない

「子どもをリラックスさせたいんです」

「自信を持ちたいんです」

「課題が出せるようになりたいんです」

カウンセリングの結果、どうなりたいかがはっきりしています。

もちろん、最初ぼんやりしていても、お話を受けるなかではっきりしていくのはいいのです。

目標が変化していくのも、いいのです。

ただ、親子さんの場合、親の期待と子どもの気持ちに食い違いがあれば、目標設定自体ができていないことになります。

「自信を持ってもらいたい」という目標のはずが、最後になって、「有名国立大学に入ってほしかった」などと、今までとは違う期待が急に出たとしても、実現は難しくなります。

目標に、いつの間にか、食い違いができているのです。

2.「でも」、「だって」、と言わず、とにかくやってみる

お話をうかがうなかで、効果的な方法をご提案することがあります。

できないこと、難しいことがあるのは当たり前ですが、何を言っても否定し、やらないとなると、効果がなかなか出てきません。

カウンセラーと共に考えながら、できることをやってみる。

そういう方は、どんどん変わっていきます。

3.コンスタントに続ける

少し落ち着いてくると、すぐに間をあけたり、来たり、来なかったりすると、結局中途半端になります。

コンスタントにしっかり来て、続けると、笑顔で卒業できます。



結局、笑顔で納得して、カウンセリングを終了なさる方は、主体的に、自分から関わる方だといえます。

カウンセラーが、なんとかしてくれるだろう。
プロなんだから。

なんともできません。


ご本人の本気をサポートし、「なりたいわたし」になるお手伝いをするのが、カウンセラーの仕事です。

カウンセリング・心理スペース「ぽれぽれ」に興味がある方はこちら  


Posted by いなまつゆか at 21:08Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ