2015年01月23日

発達障がいがあってもよく育つ、大人の関わりとは?

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

心理スペース「ぽれぽれ」申し込み・お問い合わせ


兵庫県三木市の高校で、キャンパスカウンセリングの仕事でした。

どの学校にも、「発達障がい」ではないかと思われる人たちがいます。

空気が読めない。
話したいことだけ話す。
その場しのぎの嘘をつく。

片付けが苦手。
忘れ物が多い。
課題ができない。

などなど。

わたしは、障がいというより、アンバランスという特性を持った人たちだと思っています。

周りも、とまどったり、苛立ったりしますが、本人も、密かに困っています。

しかし、同じような傾向を持っていても、育ちに違いが出てきます。

一人一人が抱える、困難さの度合いが違います。

さらに、大人がどれほどていねいに関わってきたか、が大きな違いを呼ぶのです。

抽象的な理解が難しいので、具体的に伝える。
バカにしないで、すばらしいところを伝える。
困りどころを見つけて、乗り越え方を一緒に考える。

手間暇かかりますが、たくさんの大人が関わって、ていねいに育てられた人は、変わっていきます。

話が聞けるようになったり、自分の話し方を改善する努力が見られたり、調子が悪い時には忘れ物をするものの、用心して、忘れる頻度が下がったり、と生きづらさが軽減されるのです。

何より、自信が生まれ、明るくなります。

障がいがあろうがなかろうが、誰だって完璧ではありません。
その一方で、誰でも、すばらしいところがあります。

障がいがあると言われたとしても、見限るのは、もったいないです。

ていねいに育てることで、よさ、すばらしさが育まれるのですから。




心理スペース「ぽれぽれ」申し込み・お問い合わせ

  


Posted by いなまつゆか at 21:27Comments(1)子育て・自分育て

2015年01月23日

奥のこころに寄り添って

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

心理スペース「ぽれぽれ」申し込み・お問い合わせ


夜に、兵庫県川西市にある特別養護老人ホーム「さぎそう園」で、仕事でした。

テーマは「ストレスとうまく付き合えるようになる、セルフコントロール法」です。

行きも帰りも、霧にみまわれました。
霧の中を運転するのは、不安なものです。
見通しがきかないからです。

困っている人、ストレスフルな人、悩んでいる人などは、まるで霧の中にいるように、見通しがきかず、混沌としています。

だから、イライラしたり、ちょっとしたことで、声を荒げたりするのです。

相手の言い分だけに振り回されず、こころの声を聴くようにしてみてください。

不安だ。
さびしい。
怖いよ。

その奥に、ご本人も気づいていないかもしれない、こころの声があります。


不安には安心を。
さびしさには、寄り添う心を。
恐怖には、安心を。

まずは、そのこころに寄り添ってみてください。
のぞましくないところから発せられる言葉に対応するよりも、のぞましいものをプレゼントして、安心してもらってください。

霧を取り除こうとするのは、なかなか難しいですが、お日様が出てくると、霧が自然になくなります。
あたたかい、光のようなこころの力をプレゼントしてあげましょう。



心理スペース「ぽれぽれ」申し込み・お問い合わせ

  


Posted by いなまつゆか at 00:25Comments(0)
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ