2015年01月17日

つらい記憶と付き合う法

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

心理スペース「ぽれぽれ」申し込み・お問い合わせ


今日は1月17日。
阪神大震災が起こって、20年になります。

当時幼稚園児だった子どもたちが、すっかり大人になりました。
月日の流れを感じずにはいられません。

当時、大きく揺れたものの、あれほどの災害だと知らず、幼稚園でPTAの仕事をしていて、帰ってからテレビを観て驚きました。
電話がつながらなくなり、毎日サイレンの音が鳴りました。

その音の記憶が、いまだに生々しく残っています。

目にうつった記憶。
匂いの記憶。
音の記憶。

被害を直接受けた人も、受けていない人も、記憶がよみがえると、つらい思いがあることでしょう。

振り払おうとせず、呼吸をゆっくりしましょう。
「大丈夫、大丈夫」か、嫌でないなら「ありがとう、愛してる」と唱えます。

こころを落ち着かせてあげましょう。



ぬいぐるみやクッションを抱きしめるのも、効果的。

心理スペース「ぽれぽれ」申し込み・お問い合わせ

  


Posted by いなまつゆか at 22:04Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ