2015年01月09日

上司にうまく言いたいことを伝えるには

こんにちは、イメトレカウンセラーのいなまつゆかです。

心理スペース「ぽれぽれ」申し込み・お問い合わせ


上司にうまく伝えられず、「結局何が言いたいの?」とか「で?」と聞き返されることはないでしょうか?

上司は忙しそうで、言いにくい。
怒られると、怖い。

こころが、言う前から負けてしまっているかもしれませんね。

【こころ構え〜堂々と】

胸をはって、堂々としましょう。
気持ちが、しゃんとします。

【切り出し方】

緊急時なら、忙しそうであろうが、気にせず、伝えなければなりません。

緊急とは、今伝えないと、手遅れになるようなこと、「なんでもっと早くに言わなかったの」と言われそうなことです。

そうでないなら、「今、少しよろしいですか?」と聞きましょう。
だめだったら、いつがいいかを尋ねればいいのです。

【内容〜結論から始める】

タイミングがつかめたら、次は内容です。

最初に、結論を話しましょう。

何についてか。結果どうだったか、というようなこと、「結局何が言いたいの?」という問いの答えです。

結論を話してから、事情説明や詳しい内容を話します。

「◯◯さまのご契約の件ですが、うまく話が進まなくなりましたので、ご相談したいのです」

「といいますのも、◯◯さまの事情が、◯月◯日に、・・・のように変わりまして、決定できなくなりました。次、どうアプローチしたらいいでしょうか?」というような具合です。

【内容〜具体的に、簡潔に】

具体的なものを、できるだけ簡潔に伝えましょう。
わかりやすく、時間もかかりません。

わかりやすく、短い時間だと、忙しい人はイライラしにくいのです。

5W1Hといいますが、

いつ(when)、どこで(where)、だれが(who)、何を(what)、なぜ(why)、どうやって(how)
を内容に入れていきます。

数字や具体名が入ると、よりわかりやすいです。

よくあるのは、自分の話なのか、他の誰かなのか、よくわからないまま、内容をだらだらとしてしまうことです。

「で、それ誰の話?」となって、もう一度言い直さなくてはならなくなります。
まず、誰の話かをはっきりさせましょう。

【メモをしてから伝えに行く】

イライラされて、聞き返されると、パニックで、頭が真っ白になりますね。

あらかじめ、言うことをメモにします。

結論と5W1Hを、文章ではなく、数字やキーワードをメモしておくと、落ち着いて言えますし、メモを見せることもできます。

とりあえず、話すのではなく、ポイントをつかんでから、伝えに行ってください。


うまく伝えられなかったのは、ダメな人間だからではありません。
やり方を知らなかったからです。

大丈夫、数を重ねるうちに、どんどん上手になりますよ。




心理スペース「ぽれぽれ」申し込み・お問い合わせ
  


Posted by いなまつゆか at 20:40Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ