2014年11月17日

人間関係がしんどいのは、受け止め方の重さのせいかもしれない


まじめな人ほど、物事を重く、しっかり受け止めます。悪いことではありませんが、処理にエネルギーをたくさん消耗してしまいます。

パソコンでいうと、テキスト(文字)ファイルを、画像ファイルとして取り込むようなものです。いちいち重たくて、処理に時間がかかってしまいます。

すべてを重たく受け止めず、軽く処理する練習をしましょう。

謝る場合でも、軽く謝った方がいい場合と、重く謝った方がいい場合があります。
改めて言うほどでもないけど、ちょっと気になるな、と思うことなどは、軽く処理した方がいいでしょう。

相手が傷ついた、つらい思いをした、そんな場合は、重く受け止めますが、ちょっと迷惑かけたかもしれないな、というぐらいのことは、重く返すと、負担が必要以上に大きくなる上に、相手が負担に感じる場合もあります。

軽く言うときは、あまりしっかり言い過ぎないようにします。わざとじゃないけれど、軽く相手に当たったときに、謝るときの「ごめんなさい」の感じです。
平身低頭は、引いてしまいます。でも、何も言わないと、謝る気持ちが伝わりません。

もちろん、絶対のラインはありません。人によって、受け止め方は様々なのですから。
しかし、「これは、どのぐらいの重さで受け止めたらいいだろう?」「どのぐらいの軽さで伝えた方がいいだろう?」と考えてみるだけでも、違ってきます。

そして、重さを意識しながら、伝えてみるのです。数を重ねていくと、感覚がつかめるようになります。



  


Posted by いなまつゆか at 20:37Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ