2014年11月15日

いじめられない、いじめない子を育てるための1冊

我が子がいじめられたらどうしようと思っても、いじめたらどうしようと思う親御さんは少ないかもしれません。

いじめられるのも、いじめるのも、残念で、つらいことです。

いじめた人は、すっかり忘れていることが多いですが、いじめられた人は、いつまでも覚えています。
しかも、本当にはいじめた人も忘れてはいません。意識できないだけで、記憶は残ります。
一番ごまかせないのは、自分自身なのです。

子どもたちに、そんなつらい思いをさせたくありません。

子どもさんにも、読書が苦手な親御さんにも、読みやすい、コミュニケーションの本を教えてもらいました。

「聞く、話す あなたの心、わたしの気持ち いじめない、いじめられない、子どものためのコミュニケーション」

作者は、親業シニアインストラクターの瀬川文子さんです。

いかに気持ちを伝えられるか。

難しいけれど、大切なことです。

子どもの頃から、ちゃんと自分の気持ちを、攻撃的にならず、穏やかに、相手に受け取りやすい形で伝える練習ができたなら、どれほどすばらしいことでしょう。

そんなつもりじゃないのに、傷つけた、怒らせた。
嫌だと言えないので、つい言うこと聞いてしまって、悲しくなる。
誰の前でもいい顔をしてしまって、嫌われる。

不本意ですね。
残念です。

子どもも、大人も難しい、「自分の気持ちを上手に伝える」ということをぜひ、学んでもらえたら、とてもうれしいです。

具体例が出ていて、どういう風に伝えるかを考えるようになっています。
どんな風に伝えるのか、いろいろ考えました。

学校や家庭で、みんなで考える時間を持つと、いい学びにつながります。

みんなで、気持ちを伝えられるわたしになっていきましょう。


  


QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ