2014年11月11日

マインドマップで、見えない事例が見えるように

兵庫県神戸市にある、介護付有料老人ホーム、ディアージュ神戸さんで、職員研修の講師をしました。

「元気にはたらける、こころのケア」が、テーマでした。

最近は、資料も、プレゼンも、マインドマップを使っています。楽しく、わかりやすく、記憶に残りやすいからです。




マインドマップは、中心にテーマを据えて、放射的に、枝や神経細胞のように、曲線で連想を広げていくものです。アイデアを練る、スケジュール管理、日記、ノートに取る、買い物リスト、など、さまざまな使い方をすることができます。

昨日のNHK「クローズアップ現代」では、ケアマネジャーさんが持ち込んだ事例を、福祉、医療、法律等、さまざまな分野の人たちによって、事例検討会をやっている様子が放映されましたが、ホワイトボードにマインドマップが描かれていて、事例が見事に整理され、広げられていました。

見えない事例を、マインドマップによって、見えるようにしたことで、介護をする家族の、何が負担で、どう支援していけば、軽減されるのかが、はっきりしていきました。

マインドマップの可能性は、これから、もっともっと広がっていくことでしょう。

ぜひ、価値を知ってもらい、役立ててもらいたいです。


  


Posted by いなまつゆか at 21:31Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ