2014年11月09日

奇跡を奇跡にしない決心

友人が自主上映会をしてくれた映画を観てきました。



「特別支援学級で元気に子供達に接していた宮ぷーこと宮田俊也さんが、脳幹出血で突然倒れました。
意識も戻らず、一生四肢麻痺と思われましたが、現在は、機械を使っておしゃべりしたり、車椅子に乗って外出したり。

奇跡の復活、でも奇跡ではなかった。そこにはあきらめないで、リハビリし続けた宮ぷーがいた。

一緒に歩く仲間たちがいた。生きるってどういうこと?
幸せってなんだろう?いのちと向き合うって?

目に見えないけれど大切なことがいっぱい詰まった
ドキュメンタリー。」
(映画のコピーより)

植物状態ですと言われた人たちが、何人も、復活をとげていました。

でも、あきらめて話しかけなかったら?
座ってもらおう、立ってもらおう、食べてもらおうと、考えなかったら?

意識がしっかりある人が、誰にも理解されることなく、話しかけられることもなく、一生を終えていくのです。

何と、悲しいことでしょう。

意思疎通ができないとされ、寝たきりの高齢者の方も、はたらきかけると、意思をみせてくれたそうです。
「おむつ替えますね」という声がけが、職員さんの理解が進んだことで、「おむつ替えていいですか?」に変わったら、ちゃんと協力してくださったのです。

手品は、仕組みがわからない人にはミラクルですが、わかっている人には、当たり前のこと。
これを奇跡にするわけにはいきません。

知るものの責務です。

この取り組みをなさっている山元加津子さんと、植物状態と言われる人の回復サイト白雪姫プロジェクトを、多くの皆さんに知ってもらいたいです。

  


Posted by いなまつゆか at 18:24Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ