2014年09月19日

できるという自覚が、できる人に育てる

勉強会でした。

お金持ちになりたいと思って、いろいろ手を出しても、「自分にはお金がない」という自覚があると、お金が自分のところにとどまりません。

自覚が大事ですよ、という話でした。


先生のいきつけのお店の主のお孫さんが、勉強が苦手だというので、「九九言ってみて」というと、小学2年生のお孫さんは、二の段は言えるのです。

「できるやん!」と言って、他の人にも、できる二の段だけを聴いてもらい、「できるやん!」と言ってもらいます。

そうやって、「できる」という自覚を積み重ね、算数に限らず、他の科目も、すぐにできるようになったのだそうです。


お子さんに、「ここがだめ、ここができない」と言っていませんか?

「自分はだめだ、できない人だ」という、自覚を育てているようなものです。


今日からは、「できる、すばらしい」という自覚を積み重ねていきましょう。



みんな、すばらしい!
  


Posted by いなまつゆか at 19:29Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ