2014年09月08日

残りの人生を新しいことで満たす

徹子の部屋に、鳥越俊太郎さんが出ていました。

今まで、パーマをしたことがなかったけれど、トライしてみたのだそうです。女性のものというイメージがあり、手を出せなかったのですが、やってみたら、爆発してしまい、よくなかったと話しておられました。

74歳の鳥越さんは、残りの人生を、できるだけやったことのないこと、新しいことで埋めようと思っているのだそうです。その一貫なのですね。

病気をたくさん経験し、今も痛かったり、しびれていたりと、不具合がいろいろあるとのことですが、そういったことを理由にせず、チャレンジする姿が魅力的でした。

病気があっても、いきいきと生きることができることを証明してくださっています。


昨日の夜、ちらっと観た番組で、高齢の男性が、「もう死んで行く身で、やりたいことなんかない!」と拒絶的な態度を見せていましたが、町の保健室の保健師さんなのでしょうか、話しをきくうちに、おいしいご飯を食べられたしあわせを「思い出した」と話し、デーサービスに行こうかなという言葉まで出ました。

この支援者の方は、すばらしい聴き手でした。そのかいあってか、次に会う時には、パジャマでなく、外出着になっておられました。

自ら、新しいことをやっていく姿もすばらしいし、人の手を借りて、もういいと思っていたけれど、新しいことをやってみるかと思えることもすごいことです。


  


Posted by いなまつゆか at 18:05Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ