2014年08月31日

具体的な質問で、具体的な答えをもらう

大阪に、セミナーを受けに行ってきました。

渋谷文武先生の「カリスマ講師のソクラテスメソッド、実践セミナー」です。

ソクラテスメソッドとは、講師側から内容を提供するのではなく、受講者の皆さんから、質問を受けて、答えて行くことで、セミナーをするという、対話形式のセミナーです。

ソクラテスメソッドを実際体験した上で、講師として、どういうトレーニングを積んだら、ソクラテスメソッドのセミナーを開くことが出来るのかを教わりました。

質問をするということが、大事なポイントなのですが、これが案外難しいのです。何を聞いていいかわからない。質問が抽象的で、漠然としている。というようなことが、多々あります。

他の人と話し合うことで、疑問が湧きやすくなります。これも、セミナーで実際体験しました。また、抽象的な質問だと、答えも抽象的でぼんやりしてしまいますので、具体的にしていくといいのだと教わりました。


具体的にしたいときには、たくさんの問いを持つといいのです。

いつ、どんな時、いつから、いつまで、どこで、誰が、誰に、何を、どのように、いくつ?

どんな感じ?気持ち?

色は?音は?肌触りは?匂いは?

全部答えなくていいので、必要な、さまざまな問いに答えることで、具体的になります。


どうしたら成功しますか?


「年収1億円を稼ぎたいのですが、どうしたらいいでしょう?ちなみに、わたしが得意で好きなことは、〇〇です。」

「人が笑顔になる支援ができたとき、人生が成功していると感じます。〇〇で困っている人を支援して、笑顔になってもらうには、どんなことができるでしょうか?」


具体的にすると、全然、答えが違ってきますね。









  


Posted by いなまつゆか at 20:35Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ