2014年08月25日

「思い出のマーニー」を読む

「思い出のマーニー」を読みました。原作です。

心理学者の河合隼雄先生が、お勧めしていた作品で、この夏はジブリの映画にもなりました。

カウンセリングは、ただ、問題を解決するだけではなく、人が成長する助けになります。カウンセラーとともに、こころの旅をするなかで、成長していくからです。

主人公のアンナは、夏に住むところを変え、マーニーと出会い、さまざまなこころの旅を経験します。

わたしたちは、人の話しを聴くとき、「これは事実かな。妄想かな。勘違いかな」などと、真実を知りたがりますが、こころの旅、成長に関しては、事実かどうかは、どうでもいいのです。

何に出会い、何を感じ、何を経験し、どんなハードルを越えたのか。

ご本人にとって、どんな意味を持つのか。

これがすべてです。そのことを、痛感させてくれる、すばらしい作品です。

物語にぐいぐい引き込まれ、最後まで連れて行ってもらえ、そして何度も読みたくなる、子どもにも、大人にも読んでもらいたい名作です。



  


Posted by いなまつゆか at 19:50Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ