2014年08月21日

しょうもないイライラとのお付き合い

録画していた「HERO」を、さあ観ようと思うと、DVDプレーヤーの調子がおかしくなって、画面が、サムネイル大のままで再生され、どのボタンを押しても、作動しません。

わたしが、さあ観ようと思ったときに、この状態になる率が、大変多いのです。「またか!」って感じです。一度電源を落として、やり直すと、リカバリーすることもあるのですが、こういう時に限って、録画中で、電源を落とせません。これまた、多いパターンです。

こういう、嘆き悲しむほどでもなく、かといって、結構いらだ立ちやすい状況とどう付き合っていけばいいのでしょうか?

小さないらだちことだからといって、あなどるなかれ、です。小さなストレスも、積もり積もれば、大きなストレスと変わらないほどのダメージになるからです。

わたしの場合は、「はは〜ん、そうきましたか」とまず、こころの中で言います。「わたしをいらだたそうとしてるんですね。確かにイライラしますわ。確かに」と、いったん受け入れてから、「でも、ま、そこまでですけどね」と言ってやります。そして、一つ深呼吸をします。

誰に言っているのか。みえない敵にです。みえない敵はなんなのか。

「ちっぽけな方のわたしのこころを刺激するもの」です。小さなこころと、大きなこころが、わたしの中に同居しているのです。

大きなこころのわたしは、動じません。小さなわたしがいらだちそうなのを、「はいはい、そうだよね。いらだつよね。だけど、その手には乗らないよね」となだめ、すかします。

よくお勧めしている、「わたし、いらいらしてる、って思ってる」というのと同じです。受け入れ、客観視するのです。この攻防にさえなれば、間違いなく、大きなわたしのこころの方が圧勝します。

大変な災害のときに、なんだ、しょうもないことでと思われるかもしれませんが、こういう時には、空気が荒くなり、こころがすさみやすくなり、いらだちやすくなります。おそらく、この二、三日、不安定だったり、イライラしやすい状態の方は多いのではと思います。

この空気をあおらないで、落ち着いたものにすることも、見えない貢献であり、支援なのです。





  


Posted by いなまつゆか at 20:05Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ