2014年08月08日

個性を生かし合うグループの時代

 兵庫県の佐用町で仕事でした。




傾聴ボランティア養成講座第3回、「もめない!楽しい!グループでのボランティア活動」が、テーマです。

一匹狼的なところがあって、特にいわゆる女子のグループは苦手でした。なぜなら、一番強い女子に合わせないといけなかったし、群れて、一緒にトイレに行かないといけなかったからです。話も合わなかったのでしょう。

そんなわたしが、今やグループ活動をお勧めしているのには、訳があります。

たとえ、スーパーすごい人であっても、一人でできることには限界があります。普通の人が、たくさんで協力し合う方が、いろんなことができるのです。

オーストラリアで、ホームと電車の間にはさまった人を救うべく、多くの人が力を合わせて、電車を持ち上げて、無事救出できたというのを観ました。すごい映像でした。

CNNのニュースです。

みんなが、同じ方向で力を合わせた時の力は絶大です。

しかし、長い期間活動するとなると、力を合わせるための工夫が必要です。連絡系統をしっかりすること、ついていきかねる人も、イライラせずに、共にやろうとすること。要はお互いを尊重することが大切なのです。もめるときは、どこかに思いやりが欠けているのです。

一番強い人になびき、個性を殺すのではなく、お互いのよさや個性を生かしながら、同じ目標に向かって、グループで動いていく時代です。
  


Posted by いなまつゆか at 20:37Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ