2014年07月18日

否定する人に、受け入れて返す

 兵庫県の佐用町で仕事でした。

 傾聴ボランティア養成講座第2回「信頼関係の築ける、傾聴スキル伝えます!」でした。

 話をするときに、「そうじゃなくてね」「でもね」「それは、違うわよ」と、いつも否定から入る人がいます。会話をつぶす典型的パターンなのですが、そういった方とどう付き合っていったらいいのでしょうか?

 そういう方の多くは、「一言もの申したい、わたしは、ちょっと違うのよ、賛同してね」という方が多いので、受け入れてみます。

「なるほど!そういう考え方もありますね」「一理あるかもしれませんね」

 従ってはいないのです。そういう考え方も、地球にあってもいいわね、と受け入れるのです。

 否定されるので、こちらは、何か言わなくてもいいでしょう。聞かれたら、「さあ、どうかしら。難しい問題ね」とかなんとか言って、相手の方に話してもらいましょう。

 おうむ返しをして、「こうこう、このように思っているのね」と話したことをそのまま返すのも、方法です。誰かの意見あっての反対なので、だんだん話がトーンダウンしますし、ご本人が、自分の言っていることを客観視できます。

 勝負に勝とうとしないで、さっさと一抜けしましょう。そして、返し方をいろいろ試そう、100ぐらい考えてみよう、となると、案外楽しめます。



 一面のひまわり畑です。  


Posted by いなまつゆか at 19:00Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ