2014年07月16日

行事や休み時間の方がつらい人には、マニュアル化をはかる



 兵庫県三木市で、キャンパスカウンセラーの仕事でした。

 

 1学期も終わりに近づき、球技大会など、行事が増えてきます。

 授業が少なくなって、うれしい人が概ねでしょうが、実は、休み時間や行事より、授業の方が楽な人たちがいます。なぜだと思いますか?


 それは、授業には、あまりイレギュラーな要素がないからです。先生の話を聞く、ノートを取る、当てられたら答える、などですね。

 雑談や行事は、予想がつきにくい動きをしなくてはなりません。一部の人たちには、戸惑うことが多いのです。どう動いたらいいんだろう?何を誰と話したらいいんだろう?空気読めてなかったらどうしよう?

 気を使いすぎて、消耗しているのに、傍から見ると、ぼーっとして、何もしていないように見えてしまいます。


 そういうタイプの人には、具体的にやること、言うことを伝えてあげると助かるのです。

「わからなくなったら、『わたし、何したらいい?』と聞いたらいいのよ」などと。


 具体的に、する行動がわかり、何かおおせつかったなら、ほっとして、真面目に一生懸命取り組んでくれます。

 イレギュラーなことを、マニュアル化してあげるといいのです。  


Posted by いなまつゆか at 20:06Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ