2014年07月11日

学ぶ体験が、伝える力になる

 東京のセミナーに参加しました。3日連続の1日目です。

 わたしが普段、やる講演と同じ、体験型で、朝から夕方まで、話を聴いて、シェアして、ワークして、の連続です。

 いつもいつも伝える側にばかりいると見えないことが、受講生の立場になると、見えてきます。

 先生の意図を勘違いしてしまうことがあったり、ワークをするとき、ドキドキしたり、緊張したり。

 今や、慣れてしまって、壇上にいる方が、むしろ緊張しないので、このドキドキ感や、戸惑いは、いい体験です。リフレッシュするだけでなく、受講生の皆さんの立場にたって、話をすることにもつながるからです。

 そういえば、子どもたちが中学生の頃、歴史の勉強をするときに、子どもたちに先生になってもらいました。教える立場になると、よく覚えられます。しかも、うれしそうに学んでくれました。先生ごっこが楽しかったのでしょう。今でも、日本史は結構覚えていると、言います。

 相手の立場になってみると、得られるものが多いです。

 

 帰りは、仲間と食事をしながらの、楽しい話の交換でした。
   


Posted by いなまつゆか at 23:52Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ