2014年07月09日

過去を認め、今に生き、未来を信じる

 兵庫県神戸市で、高齢者施設でのカウンセリングの仕事でした。




 高齢者の皆さんのお話をじっくりうかがうと、「すごいですね」と尊敬の言葉が思わず出てしまいます。

 生きるというだけで、大変なことですのに、戦争あり、戦後の復興あり、震災ありと、幾度もの苦難を乗り越えてこられているのですから。

 ところが、「自分はよくがんばってきたなあ」と思えずに、今抱えておられる心身のつらさや大変さで一杯な方も多くおられます。ある意味、「今」に生きておられるんですね。

 ふりかえって、自分をみると、やはり目の前のことに取り組むことに一生懸命で、やはり過去のがんばっていた自分を認めるなどという余裕がありません。

 未来を憂い、過去を悔やみ、今を苦しむというのもどうかと思いますが、たまには振り返って、一生懸命生きて来た自分を認めることも、大切ですね。

 なぜなら、自分一人で、ここまで来られたわけはなく、たくさんの支えあってのことですから、感謝の気持ちが湧いてくるからです。今の自分を一生懸命生きることは大切ですが、ともすれば、必死になりすぎて、自分一人でがんばっているような錯覚に陥りそうです。

 これまでも、多くの皆さんに助けてもらって生きて来て、今もそうで、きっと未来も支えてもらいながら、自分のできることをやっていくんだろうなあ。

 そう思うと、未来の不安も薄らぎます。なんとかなるような気がしてきます。余裕をもって、今を生きられるのです。

 人生の先輩方に教えていただくことは、多いです。  


Posted by いなまつゆか at 19:58Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ