2014年05月26日

感謝と尋ねる力が大事〜家庭内別居を考える

 NHKのあさイチで、家庭内別居が取り上げられていました。

 同じ家で暮らしているのに、夫婦のコミュニケーションがはかられないのが、家庭内別居です。

 つわりでつらいのに、いたわってもらえなかった。自分のお弁当だけを買ってきて、匂いがつらいのに、傍で一人食べられた、というようなことを機会に、こころが閉じていき、冷えた関係につながっていくさまが語られていました。今となってはまったく口をきかず、用件はメールでするのだということでした。

 今日は、基本的に女性目線だけを取り上げられていましたが、男性からも、いろんな考えがあることでしょう。「察してといわれてもわからない」という意見は、男性側から出ていました。誰が悪いというような、犯人探しは意味がありません。どうしたら、いい関係が築けるようになるかを考えることが大切です。

 もう一言、二言あれば、全然違うのになあと思います。

「つわりのこと、よくわからないんだけど、どうしたらいい?」とか。
「お弁当買ってくるけど、なんか食べたいものある?」とか。

 わからなければ、わからないと言うことも、コミュニケーションの大事なことです。

 もう一つ、気になったのは、男性がどのようにお母さんに育てられたのかなあということです。もしかしたら、お母さんが、あまりにもいいお母さんで、よくお世話してくれたのではないでしょうか?黙って座っていたら、なんでもやってくれる。それが当たり前になっていたのではないでしょうか?

 女性が世話をしてくれて当たり前の存在になっていたとしたら、そこに感謝はありません。「なんで、こんなこともできないんだ」という発言にもなっていきます。お父さんは、働いて当たり前、給料を運ぶ人なんだ、という考えと同じぐらい、やさしくありません。

 感謝のないところに、しあわせはありません。あるのは不満です。

 小さな頃から、当たり前のことは何もないのだということを知ってもらい、わからないことはわからないと言える力を育てることが、しあわせな家庭を築く礎になることでしょう。

 



 





 

 

   


QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ