2014年05月22日

「らしさ」を打ち出す時代

 オフだったので、京都に行きました。京都といえば、美術館・博物館かお寺巡りが、いつものコースなのですが、今回は、趣を変えて、京都水族館と梅小路蒸気機関車館に行きました。




 姫路の水族館の時もそうでしたが、地元ならではの生き物がクローズアップされていて、食べ物も、京都のお漬け物を取り入れたホットドッグや豆乳のソフトなど、その土地らしさを打ち出していました。

 イルカのショーも、以前はイルカを観ていたかと思いますが、今回は、イルカにもいろいろいるのだということを知りました。鳴き声一つとっても、小さい声の子、気が強くて、きつい声の子、犬の鳴き声のような声を出す子・・・全然違うのです。

 梅小路蒸気機関車館には、たくさんの機関車があって、走っているものにも実際乗りました。扇形庫というのだそうですが、扇形に広がる格納庫のところで、機関車が方向変換するところも、初めて観て、迫力を感じました。まるで、機関車トーマスの世界です。この扇形庫があることで、この地が機関車の保管庫になったのだそうです。






 自分が持っているもの、身近なものに、価値があると思いにくいものですが、しっかり価値を見いだし、表現していくことが、時代に合った生き方なのです。  


Posted by いなまつゆか at 19:18Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ