2014年05月19日

人を大事にする会社の未来は明るい

 今日の朝日新聞夕刊の「へえ、な会社」という記事のなかで、ビースタイルという人材サービス業を営む会社が取り上げられていました。

 この会社では、入社式で、昨年入社した人の中から選ばれた新人賞を発表するのだそうです。入社して、初めての1年間を一番頑張ったと評価された新人さんに送られて、しかも本人には内緒で、社長と副社長自ら制作したサプライズ映像が流されるのです。

 その映像は、実家で、家族や中高時代の友人たち、社長、副社長が、「おめでとう」メッセージを送り、祝いの席は盛り上がり、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」を踊りだすというもの。毎回社長さん、副社長さんが企画を考え、忙しい合間を縫って、制作するのだそうで、なんと、もう10年も続いているのです。

 それは、「大切な子どもを就職させてくれた親に、感謝の気持ちを伝えたい」という熱い思いからなのです。すてきですね。

 これから、生き残るのは、こういう人を大事にする会社です。大事にしてもらったら、社員は、いいアイデアを出そう、しっかり働こうと思います。お客さんも大事にしようと思います。「大事にする」という気持ちが連鎖していきます。大事にしてもらえたと思うお客さんは、またここに頼もうと思いますし、他の人に紹介したくなります。

 経費削減だといって、社員をこき使い、使い捨てる会社に、明るい未来はありません。就活のときには、人を大事にするかどうかという見方も考慮してみてはどうでしょう?

 


  


Posted by いなまつゆか at 19:09Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ