2014年05月05日

敏感体質が集まると大変!

 わたしもそうですが、わたしの家族や親戚も、敏感体質な人が多いのです。アトピーや喘息、アレルギーなどをそれぞれ抱えていて、しかも、ひっかかりポイントが違うので、集まると、寝具やら、食べ物やら、絨毯やら、何かと不都合が生じます。

 面倒だから、みんなで外食しようと思っても、どこでもいいわけではなく、アレルギーだけではなくて、何を食べたいかということもあるので、逆に面倒だったりします。ラーメンが食べたい人とお肉・お魚が食べられない人がいるというような難問が出て来るのです。どうしても、誰かにがまんしてもらわなくてはいけなくなることもあります。

 ホステス側なので、どの欲求もできたらかなえたいし、からだの不調も気になるところですが、「まあ、なんとかなる。基本的には、本人か親に責任を持ってもらって、出来る限りのところにしておこう」と思うようにしています。全部が自分の責任だと抱え込むと、負担が大きくて、楽しくなくなるからです。赤くなったり、鼻水が止まらなかったり、かゆくなったりと、大変だけれど、命に関わるまでのことはないおかげもあります。

 命に関わるようなアレルギーを抱える人は、イレギュラーな行事は、ご本人も、ご家族も、本当に大変だろうと想像します。それでも、周りの協力も得て、楽しんでもらいたいです。その周りという存在には、スーパーや飲食店も入ってもらえたら、本当に助かります。

 アレルギーがあっても、みんなと同じように、外食や旅行が気軽に楽しめる社会は、みんなにやさしい社会です。

 



   


Posted by いなまつゆか at 18:56Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ