2014年05月04日

退屈からの脱出〜子どものこころになって学ぶ

 姫路市立手柄山水族館と植物園に行きました。



 植物園のあじさいが、とてもきれいでした。小さな水族館と植物園で、特別なものがないのが、楽しいところです。

 アユやウグイなどが、ジャンプして段差を乗りこえて、上流に向かうさまをみていると、みんな成功するわけでないことがわかりました。「いやいや、それは遠いやろ」と思うようなところからジャンプして、予想通り飛び越えられなかった者がいます。ジャンプが大きすぎて、水槽から飛び出た子もいました。失敗してもめげずに、ジャンプしていたり、能力が高いばかりに、命が危ないことになったりする様に、こころが動かされます。



 体験コーナーでは、サメやエイを触れるようになっているにも関わらず、「口をさわらないで!かまれます」などという恐ろしい看板が掲げてあります。こわごわ手を差し入れると、サメがやってきて、「ひや〜」と叫び、手を戻す、というようなことを繰り返しつつ、なんとかサメやエイをなでました。ヌルーンとした肌触りに、50歳を過ぎた、いい大人が、大騒ぎです。

 わかりきったような顔をして生きるのはつまりません。51歳にして、初めての接触体験は、子どものこころをよみがえらせてくれました。出会い、体験ほど、人を成長させるものはありません。

 子どものこころを発揮していきます。  


Posted by いなまつゆか at 17:47Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ