2014年04月25日

データでなく、全体を感じてみて!

 兵庫県三木市で、キャンパスカウンセリングの仕事でした。

 

 単発で会う人もあれば、長い付き合いの人もいます。長いおつき合いになると、流れでみることができます。調子を崩していても、最初の頃より、ずいぶんましだと感じられたり、悪いなりに、その人なりの成長がみられる行動を発見できたりします。

 家族なら、なおさらです。長くつき合っているからこそ、カウンセラーや医師には、見つけ出せないサインが見つかるかもしれません。

 細かくチェックして、 一喜一憂するのではなく、その人の時間的な全体、その人自身の全体をみるようにしてみてください。 生まれてから、今までの全体と、その人の一部の現象ではなく、まるごとのその人をみようとするのです。

 そこそこのアップダウンがあっても、まあまあいい感じとか、1年前より状態はいいとか。何も言わないけれど、何か気になるとか。

 そんなことを求められても難しいという方も、わからないなりに、感じようとすると、だんだん感じられるようになってきます。

 データを重視しがちな時代ですが、「感じること」「全体をみようとすること」で得られる情報も、大きな手がかりになります。  


Posted by いなまつゆか at 20:06Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ