2014年04月24日

形にしたかったら、最初に完成形を目指さない

 東京に行きました。

 

 6月に、プレゼンをするので、一度作ったものを、仲間内で検討する会があったのです。10分間のプレゼンのたたき台を作り、皆さんの意見をいただきました。


 みんなに見せるからと、はりきって最初から立派な完成形を作ろうとすると、よくわからなくなって、まとまりが悪くなったり、完成できなくなったりします。最初に見せるものは、ざっくりとしたものでいいのです。その方が、他の人の意見を取り入れる余地があって、一人で作るより、ずっといいものができます。

 完成したものだと思うと、ケチをつけられた気分になり、がっかりしてしまいます。たたき台なのだと割り切ると、皆さんの意見も受け取りやすくなります。

 そうはいっても、どのぐらいでよしとしたらいいのか、わからない方もいらっしゃるかもしれません。たたき台はラフスケッチなので、おおまかな流れがわかればいいのです。

 私の場合は、ぽれぽれのパーソナルカラーだという理由だけで、パワーポイントのテンプレートを選び、入れたい要素を、適当に文字を入れていきました。文字の大きさや字体なども、あまり深く考えず、ほとんど変えずに入れました。

 音楽とイメージを入れたのですが、そこは皆さんがわかりやすいように、画像や音楽を実際に入れてみて、だいたいこんな感じというのがつかめるようにしました。

 細かい細工は、いっさいしなかったので、昨日1時間ほどで作ったのです。

すると、「字はもう少し大きい方がいい」とか「色鮮やかなバックにした方がいい」などと、具体的な意見をいただけました。わたしも、字体や背景に思い入れがなんにもないので、なんの抵抗もなく、変更できます。

みんなで作り上げる時は、最初あまり完成しないように、ざっくりと作ってみて下さい。  


Posted by いなまつゆか at 19:21Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ