2014年04月17日

「花子とアン」の美しい言葉遣いに惹かれる

 4月から、朝の連ドラ「花子とアン」が始まりました。

 女学校で使われる、お嬢様言葉といい、美輪明宏さんのナレーションといい、美しい言葉遣いが新鮮です。特に、美輪さんの、締めの「ごきげんよう、さようなら」が印象深いのです。いきなりこの言葉がやってきて、去られる感が、やや寂しいですが。

 その一方で、方言を訂正されるくだりがあるのですが、方言は方言のよさがあるので、尊重したいところです。いいか、悪いかではなく、美しいかどうかが大事です。

 お嬢様言葉までいかなくても、荒い言葉を使わないようにするだけでも、こころが美しくなります。気取って使うのではなく、言葉も着るものも、考えも、美しくなるよう、こころがけたいのです。

 愛あることばを、美しく使う。すてきで、かっこいいですね。人前だけだと、何かの拍子にばれてしまいそうですし、誰かによくみられるためではなく、こころを磨くためなので、ふだんから、美しめの言葉を使ってみます。

 ごきげんよう、さようなら。



 言葉遣いは、まだまだ近づけないけれども、花子の本好きな点には親近感!  


Posted by いなまつゆか at 19:40Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ